• 086月

    MacでWindowsとのデュアルブートを可能にしてくれる
    Boot Camp」が、もちろんまだβですが、1.3にバージョンアップしたので
    早速、アップデートしてみました。

    アップグレード自体は通常通り、ダウンロードしてインストール
    するだけですが、Windows用のドライバを更新する必要があるので、
    ドライバCD-ROMを再度作成する必要があります。

    今回は最新機種への対応はもちろん、Apple Remoteへの対応や
    グラフィックスドライバの更新などがされてるそうで、特にグラフィックの
    性能がアップしてるかなぁと期待して試してみました。

    ベンチマークは「HDBENCH」を使いました。

    以前の1.2では、こんな結果でした。

    DirectDraw 55
    Rectangle 5967
    Text 17373
    Ellipse 5616
    BitBlt 65

    で、今回の結果は、こんな感じです。

    DirectDraw 60
    Rectangle 5967
    Text 16087
    Ellipse 5320
    BitBlt 73

    DirectDrawが高速になったのが目立ちますね。
    主にDirectXやOpenGLあたりの高速化を図ったのかもしれません。

    ちなみに、インストール時のトラブルは特にありませんでしたが、
    KbdAppleを再インストールするように警告が出たので、一旦
    アンインストールして再度インストールしました。

    あと、なぜかキーボードの言語のデフォルトが「英語」になって
    しまったので、コントロールパネルの「地域と言語のオプション」から
    日本語にしておきました。
    Vista固有の問題かもしれませんが、念のため。

    一応、β版ですし、まだ出たばかりですので、安定した環境を
    お望みの方は慌ててアップデートしないほうが良いかもしれません。
    十分お気を付けてアップデートしてくださいませ。

    Filed under: Mac
    2007/06/08 8:36 pm | Boot Camp 1.3 beta はコメントを受け付けていません

Comments are closed.