• 055月

    以前から短縮URLに変換するのにアップルスクリプトを
    使ってるのですが、今日使おうと思ったら、うまく動かなくなって
    いるのに気づきました。

    どうやらサイトリニューアルに合わせてか、古いAPIが使えなく
    なったようです。
    新しいものはユーザー登録してAPIキーを取る必要があるんですね。
    ということで、新しいAPIを使って作り直してみました。

    set the cbURL to (the clipboard as string)
    if ((characters 1 through 4 of cbURL as string) is not “http”) then
        display dialog “No URL.” default button 1 buttons “OK”
    else
        set theTextEnc to do shell script “php -r ‘echo trim(urlencode(” & “\”” & cbURL & “” & “\”));'”

        set clCMD to “curl –stderr /dev/null ‘http://api.bit.ly/v3/shorten?login=★ユーザー名★&apiKey=★APIキー★&uri=”; & theTextEnc & “&format=txt'”
        set the clipboard to (do shell script clCMD) as string
    end if

    エンコードの関係で上のをコピペすると一部が全角になっちゃうので、
    下のファイルをダウンロードしていただくのが便利かと。
    http://saramac.main.jp/fw/bitly.scpt

    ユーザー名とAPIキーの部分はご自身のものに置き換える必要があります。
    なお、すでにユーザー登録していたら、下のURLで確認できます。
    http://bit.ly/a/your_api_key

    urlencodeが必要になったので、そこがちょっと困りましたが、PHPを
    呼び出してエンコードしちゃいました。
    もしかすると、環境に依存するかもしれませんね。

    あと、以前作ったVBScriptバージョンのほうも作り替えないとダメですね。
    近いうちに更新したいと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2010/05/05 9:22 pm | Bit.lyで短縮するAppleScript はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.