• 2112月

    林信行さんのブログを拝見していたら、「iPhoneショック」という本を出されたようで。

    4822246361 iPhoneショック ケータイビジネスまで変える驚異のアップル流ものづくり
    林 信行
    日経BP社 2007-12-13

    by G-Tools

    3G版のiPhoneが意外と早く登場して、DoCoMoかソフトバンクあたりから出るんじゃないかと
    話題ですが、ちょうどタイムリーな出版ですね。

    内容としては3部構成になっていて、まずはiPhoneがケータイ業界に与えた衝撃を分析、
    第2部はAppleのものづくりなどを他社と比較しながら解説、第3部はライバルメーカー側の
    課題を指摘する、といった内容だそうです。

    まだ実物にはお目にかかったことがないのですけど、iPod touchが出る前に出たアメリカと
    iPod touchが既にあって、ワンセグやICカード機能などで、ちょっと特殊な環境にある
    日本のケータイ社会では、インパクトもだいぶ違うかもしれませんね。

    ただ、来年あたりからは1円端末なども制限されてきて、ビジネスモデルにも変革がある
    ようですから、事情はちょっと違うかもしれません。

    ちなみに、最近、ジョブズの非公式自伝「偶像復活」を読んだんですが、あれを見ると
    ジョブズは、プライベートでもテレビが嫌いみたいですね。

    スティーブ・ジョブズ-偶像復活 スティーブ・ジョブズ-偶像復活
    ジェフリー・S・ヤング ウィリアム・L・サイモン 井口 耕二

    by G-Tools

    そのあたりがMacにテレビ機能が搭載されないひとつの理由でしょうし、iPhoneにも
    ワンセグ機能が搭載されたりすることはないのかもしれません。

    そんなジョブズに関する本も、林さんの著で発売されています。

    4756150721 スティーブ・ジョブズ 偉大なるクリエイティブ・ディレクターの軌跡
    林 信行
    アスキー 2007-12-17

    by G-Tools

    「偶像復活」と違って、こっちは公認なのかどうかは定かではありませんが、訳書ではない
    ジョブズ本は初めてかもしれませんね。

    Apple誕生の話から、Apple追放、NeXT、PIXAR、そしてアップルへの復帰と、有名な
    逸話が当時の写真とともに紹介されているようです。

    127ページと分量的にはあまり多くないようですが、他のジョブズ本を読んだことがない
    方には、訳書でないこともありますし、おススメかと思います。

    Filed under: Mac
    2007/12/21 4:20 pm | Apple関連本、2冊 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.