• 252月

    Apple謹製の画像処理ソフト「Aperture」が出たばかりですが、3.0.1に
    アップデートしています。
    http://support.apple.com/kb/DL1006?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP

    修正項目は以下の通りとのこと。

    ・以前のバージョンからのライブラリのアップグレード
    ・iPhotoからのライブラリの読み込み
    ・カメラからの写真の直接読み込み
    ・レタッチを繰り返した写真を処理するときのメモリ使用量
    ・顔認識処理
    ・顔の指定を追加”ボタンによる未検出の顔の追加
    ・複数のイメージを含むページのプリント
    ・境界線やメタデータを含めた写真およびコンタクトシートのプリント
    ・外部エディタによる写真の編集
    ・精細度と傾き補正の調整を適用したイメージの表示
    ・キーボードショートカットによる写真の拡大/縮小
    ・ネットワークボリューム上の Aperture ライブラリのアクセス
    ・撮影地の地図でのピンの選択と移動
    ・“自分の撮影地を管理”ウインドウでの独自の撮影地の追加と編集
    ・RAW+JPEG ペア操作時のマスターの切り替え

    結構多岐に渡る修正がされていて、間に合わなかった分を押し込んできた
    印象も受けますねぇ。
    とはいえ、iPhotoからや旧バージョンからのライブラリ読み込みは
    「待ってました!」という方も多いかもしれません。

    ちなみに、うちもアップデートしてみましたが、ブラシを使った場合の
    描画崩れが相変わらず発生します。
    微妙に崩れ方は変わっていますし、ブラシの動作は軽快になった
    気もしますが、やはりまだ描画が崩れることに変わりはないようです。

    もちろん、ソフト側の問題ではなく、うちの環境の問題かもしれませんが、
    これが解決してくれないと、メインでは使っていけないなぁ。
    思ったよりも動作自体は軽い感じなので、これから徐々に安定していって
    ほしいところです。

    B0037W60AC Aperture 3
    アップル 2010-02-12

    by G-Tools

    Filed under: Mac
    2010/02/25 10:50 pm | Aperture 3.0.1 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.