• 288月

    先日寝室に導入したAirMac Expressですが、音楽再生にとても重宝しています。

    どうせなら動画再生時にもこれに音声を飛ばせたらなぁと、対応の動画プレーヤーを探してみたのですが、どうも見つかりません。
    Apple TV対応なら、iTunesやQuickTime PlayerでもOKなんですけどね。

    結論から言うと、こういうプレーヤーはない、というか、作れないようです。
    というのも、AirPlayは原理上、音声や動画を無線LANで送る時点で遅延が発生し、これを個別に同期、いわゆるリップシンクさせる仕組みが用意されていないんですね。
    ですから、仮にそういうプレーヤーを作ったとしても、音声だけの転送では映像と全く合わないという状態になるわけです。
    音声と映像をいっしょに転送するApple TVなら問題ないんですけどね。

    それではと、AirPlayで動画ごと、Macに送れないかと調べてみたところ、こちらはAirServerなどが対応してるようです。
    体験版で試してみましたが、こちらはばっちり別のMacやiPadなどから転送可能です。

    ただし、iTunes StoreなどでレンタルしたDRM付きの動画は再生できませんでした。
    今回、これを試してみたかったのは、まさにそのレンタルした映画だったので、結局は役に立たなかったわけですけどね。
    レンタルした映画自体はiPadに移動させ、そっちで観てしまいました。
    これも音楽同様、別のiTunesからリモート再生できたり、別のMacに移動させられれば楽なんだけどなぁ。

    そういう意味ではやっぱりベストな解決方法はApple TVを導入することなのかも。
    わが家は相変わらずHDMIのないテレビですが、そもそもDVI接続対応の地デジチューナーがありますし、今のMac miniのディスプレイをテレビ代わりにしてApple TVを導入しちゃうのもアリかもしれませんね。

    Filed under: Mac
    2012/08/28 12:00 pm | AirPlayで音を飛ばせる動画プレーヤーがない はコメントを受け付けていません

Comments are closed.