• 207月

    OS X Lionがついに登場しましたが、そちらはまた別個にエントリーするとして、まずはハードウェアのほうから。
    私も出張用などに使っているMacBook Airのニューモデルが登場しました。

    前モデルからまだ時間が経ってないんですが、Core 2 Duoがもう廃番状態なので、リフレッシュしてきたようですね。
    ただ、一番安いモデルはメモリが2GBなのは相変わらずです。
    Lionも2GBでもSSDであることもあって、割と快適なので、モバイルということなら、これでも良いかな。

    ただ、GPUがIntel HD Graphics 3000になってるのは多少気になるかも。
    GPU性能は個人的にあまり機にしないのですが、メインメモリ共有というのがねぇ。
    メインメモリから消費されると、廉価モデルの2GBではだいぶ厳しいかもしれませんね。
    ちなみに旧モデルはGeForce 320Mでした。

    Core i5 1.6GHzとCPUは強化されましたが、バッテリー駆動時間はカタログスペックで5時間。
    一応スペック上は旧モデルと同じのようです。

    あとはステレオスピーカーになったのはちょっとうらやましいかも。
    全般的に旧モデルから買い換えるほどではないかもしれませんが、13インチモデルあたりと使い分けるのも良いかも。
    MacBookがなくなるという噂もあるようですし、Airはますます躍進しそうですね。

    Filed under: Mac
    2011/07/20 10:20 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • とめ Says:

    一番安いairを考えたけど、メモリーが2gbと少ないし、
    ビデオメモリーと共有ってのがなぁと同じことを思いました。おいらの場合は、持ち運びでの使い方がほとんどないので、欲しいきもちと使わない気持ちが交互です。

  • MacBS Says:

    とめさん、コメントありがとうございます。

    CPU性能はかなりのものみたいですね。
    MacBookがなくなったので、モバイルだけという位置付けではなくなったのでしょうね。
    メモリの件ですが、前モデルを使ってる感覚だと、よほど大きなアプリでなければ、重くなる感じはあまりありません。
    ただ、現像やフォトレタッチを考えると、やっぱり4GBかなぁと。

    むしろSSDが少なく感じますが、そこもThunderboltでカバーするのでしょう。
    あとはGPUの性能次第かもしれませんね。