• 074月

    紗羅が中華めんがあるよ、ということだったので、あんかけっぽい
    感じにできないかなぁとリクエストしてみたら、天津麺が夕飯に
    登場しました。

    カニ玉が入る感じが天津麺だと思いますが、カニではなく、いわゆる
    「カニカマ」ですね。
    北のほうでは、カニかまぼこのことを「オホーツク」と呼ぶらしいですが。

    そういえば昔、長期出張に行ったときにどうしてもカニサラダを
    食べたくなって缶詰を買って帰ったら、缶切りが必要なタイプで
    苦労したことがあったなぁ。
    高級品だからか、カニ缶って缶切りが必要なことがほとんどですよね。

    あと、カニ缶の中には紙が入ってますよね。
    あれはかさ増しのためではなく、缶との化学反応でガラス片のようなものが
    できてしまうのを軽減させるためだそうです。

    話が逸れてしまいましたが、カニかまでもふわふわ卵との相性は
    バツグンで、スープと絡んで麺もウマウマ♪
    スープにはウスターソースを隠し味で使ったそうですが、オイスターソース
    みたいな風味で、おいしかったなぁ。

    このお味を流用したら、お気に入りだった泰南飯店さんのあんかけ
    焼きそばもちょっとお手軽に再現できるかも?
    次はあの感じをリクエストしてみようかな。

    Filed under: Food
    2010/04/07 10:07 pm | 天津麺 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.