• 096月

    出張時にちょうど近くを通ったということで、レダラッハのトリュフ・プラリーネを買ってきてみました。

    スイスのチョコなんですけど、最近は銀座近辺にいろんなブランドが出店する中、ここは青山と、ちょっと場所が特殊なんですよね。
    以前から青山のお店の前は何度も通っていて知ってたんですが、購入するのは初めてです。
    出張の頻度も減りそうですし、そもそもこの辺りに用事があることもそう多くはないだろうとお土産に選んだわけです。

    ハチの形をしたものとか、かわいいのがたくさんでしたが、今回が初めてですからオーソドックスなトリュフ・プラリーネの6個入りセットをチョイスしてみました。
    これも下段真ん中の「ミルク・フェアリーマウス」がカワイイですしね。
    ちなみに自由に選ぶこともできるんですが、今回のはこの6個入りでした。

    マンゴーハート
    ミルク・フェアリーマウス
    モカ
    トリオアーモンド
    レダラッハキャラメル
    コニャック・トリュフ

    私はまずコニャック・トリュフを食べましたが、ホワイトチョコがとても美味しかったです。
    私はどちらかと言うとホワイトチョコはあんまり好きじゃないほうですし、コニャックが強すぎないかと心配しましたが、どちらもバランスが絶妙で、とりわけそれぞれの素材の香りを大切にしてある気がしました。
    ビターな方向というよりもミルクを活かした感じで食べやすいチョコですね。

    以前は自由が丘にもお店があったようですが、今は青山の骨董通りのみでの販売です。
    ただ通信販売もありますし、バレンタインシーズンにはデパートで取り扱うこともあるようなので出会ったらまた食べてみたいなぁと思います。

    Filed under: Food
    2013/06/09 9:00 am | レダラッハのトリュフ・プラリーネ はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.