• 086月

    LINNから新しいパワードスピーカー「AKUBARIK」が発売になったようで。

    TIMEDOMAIN11も紹介したばかりですし、DYNAUDIOからもXeoが出たりと最近はアンプ内蔵スピーカーが流行なんでしょうか。
    ただし、今回のAKUBARIKは驚きの240万円というお値段で、最近のLINNらしい製品になってます。
    エンクロージャーの底にドライブユニット2基を対面配置したISOBARIK方式としたり、帯域ごとに5chのChakraテクノロジー採用のアンプを搭載して、当然ながらそれに合わせた5way構成という、見た目以上に大掛かりなシステムになってるようですね。

    単にアンプを内蔵するのではなく、当然ながらネットワーク側もアクティブ回路で構成できるというのは一体型のメリットかと。
    ただそれだけに壊れた時は全部ダメになるわけで、そこが貧乏症な私には怖いかなぁ。
    LINNらしくシンプルな構成でスマートにオーディオを楽しめるのは良いんですけどね。
    いずれにしても私にはとても縁が無さそうな製品ですが、ISOBARIKとかチャンネルデバイダーとかの考え方は自作やより安価なシステムでも真似できそうな気もします。

    LINN MAJIKを買っておきながら変な話ですが、LINN製品って意外とあんまり試聴したことがないんですよね。
    特にスピーカーにいたっては全く聴いたことがないかも。
    しばらく出張はなさそうですけど、機会があれば銀座にあるショールームにも行ってみたいなぁと思ってるところです。

    Filed under: Audio
    2013/06/08 7:00 pm | LINN AKUBARIK はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.