• 206月

    少し間があいてしまいましたが、先日の出張の際に成城石井にチラッと寄ってチップトリーのレモンカードを見つけて買ってきたんですが、これが我が家でブームになってます。

    Tiptreeはイギリスの王室御用達ということで、奇しくも先日導入したばかりのLINNもイギリスですし、少し前のフランスブームから我が家ではイギリスにシフトした感じなんでしょうか。(単なる偶然)
    レモンカードというとトランプ?とか思っちゃいますが、綴りは「LEMON CURD」でして、凝乳(チーズの原料)という意味ですね。
    レモンとバター、それに砂糖と卵といった感じの原材料でシンプルなんですけど、これがパンによく合うんです。
    自分でもレモンとバターがあれば作れそう、という感じですけど、このバランスの良さはやっぱり長年の歴史から来るものでしょうか。

    私がわざわざ東京から買って帰ったのはお土産という意味合いもあるし、ジャム的な使い方というのもあるんですが、紗羅が好きなお菓子づくりにも使えそうだなぁと。
    ただ、今回はすっかりブームになってしまってますから、一瓶はパンに塗って使いきっちゃうかも。
    幸い、ネットでも購入可能なので、なくなったら何かといっしょに注文しようかと思いますが、都内の方なら成城石井のほうがお値段も安いと思うので、試しに購入されてみると良いかもです。

    関連エントリー:

    Filed under: Food
    2013/06/20 9:00 am | チップトリーのレモンカード はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.