• 184月

    ペンタックスの一眼レフ「K2」の現像が仕上がってきました。

    今回は以前ゲットした水没品の35mm F2を主にチェックしようと
    思ったのですが、実際に仕上がったものを見ると、意外と
    100mm Macroの写真がセレクトされることが多かったです。


    《中古》PENTAX FA 35mm F2 AL

    別に水没品で描写が悪いというわけではないのですが、どうも
    私には現代的すぎるように感じるのかもしれません。

    実画像サイズ 425 x 640 ( 45 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    それとはうってかわって、レンズに曇りありの100mm F4 Macroは
    大活躍でした。

    実画像サイズ 432 x 640 ( 36 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D70
    ISO 感度 / 露出補正値 1600 / 0.0
    露出時間/絞り 1/15 秒 / F 2.8
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    開放がやや暗いのでピントは合わせやすいとはいえませんが、
    やっぱりボケ味が良いんですよね。

    実画像サイズ 640 x 426 ( 42 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    ついついマクロで捉えてしまうクセは、なかなか抜けません。
    だから、レンジファインダーよりも一眼レフのほうがたくさん集まって
    しまうんでしょうねぇ。

    実画像サイズ 424 x 640 ( 42 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    カメラのほうも調子は万全で、古いカメラとはいえ、絞り優先AEも
    なかなかの精度でした。

    最近はペンタックスのカメラゲットが増えてるので、今後もしばらく
    ペンタックスのカメラで撮る機会が多そうです。

    関連エントリー:

    Filed under: FilmPhoto
    2008/04/18 10:38 pm | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    お早うございます。
    Time Machine用の外付けHDが動作不良となりメーカーから初期化
    されて還ってきたので、深夜電力を使ってバックアップしていました。
    気にしながら寝ていたせいか、とんでもない時間に目が覚めた次第です。

    100mm Macroは奇麗なボケですね。私は、この時代の50mmMacroを
    使っていました。やはりF4でしたが、暗い分レンズ構成がシンプルで
    ゴーストやフレアーとは無縁だったと記憶しています。

    35mmの作例でも前ぼけ・後ボケは奇麗に見えます。背景との距離差が
    あまりないので判断はしにくいですが・・・。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    Time Machine用のHDD、ずっと付けっぱなしになりがちで
    むしろ、内蔵よりも早く壊れちゃったら、意味がないですよねぇ。

    うちはさすがに毎日バックアップするほどではない
    気がしてるので、1週間に1回くらいのペースで
    バックアップしてます。

    100mm Macro、おそらくTakumarの頃と同じ設計だと
    思います。
    お店でTakumarを見た時、そっくりでしたから。

    35mmも悪いレンズではないですよ。
    むしろ、開放からしっかり使えるレンズです。
    ただ、MFで使うと、やっぱりヘリコイドの質感とか
    そういう部分で、気持ちが入らないのかもしれません。

  • shigechan Says:

    どもども。

    そのHDは”故障していない”と言う事で、初期化だけされて帰ってきました。
    うんとも寸とも反応しなかったんですがね~。帰ってきたまま使うのも
    気持ちが悪いので、電源ケーブルにフェライトコアでも噛まそうかと
    思います。

    レンズの光学設計はTakumarと同じだと思います。あとAFレンズのピント
    リング動作は確かに興ざめですね。マニュアルフォーカスへ切り替えると
    もう少しねっとり動いてくれるとか・・・。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    HD、代替セクターが割り当てられてたりするかも
    しれませんね。
    バックアップ用となると、品質が安心できる状態でないと
    ちょっとこわいですね。

    Takumarも安く見つけたんですが、さすがにKマウントと
    同じものが二つあっても仕方がないので、
    買いませんでした。

    MF切り替え時にテンションが掛かるような仕組みを
    考えたら、実用新案くらいにはなるかもしれませんね。
    今さら、そんな需要は微小なのでしょうけれど。