• 015月

    アイ・オー・データ機器から、アナログ出力の地デジチューナー「HVT-T100」が
    5月下旬くらいに発売になるそうで。


    アイ・オー・データ機器 地上デジタルハイビジョンチューナー HVT-T100

    出力はD端子、Sビデオ、コンポジットビデオ、アナログ音声で、HDMIなどは
    ありませんが、既存のブラウン管テレビで視聴するなら、十分ですよね。

    データ放送や双方向サービスも使えませんが、字幕放送とEPGには対応してる
    みたいなので、今のアナログの「置き換え」には十分でしょう。

    ちなみに、背面にはUSB端子がありますが、これはPCとの連携のためではなく、
    チューナーのアップデート用に使うものだそうです。

    お値段も1万円台半ばと、結構安いし、これなら導入してもいいかなぁ。
    ちなみにマスプロからも同じくらいのお値段のが出てますが、こちらはEPGに対応
    していないようです。


    マスプロ 地上ディジタルハイビジョンチューナー DT610

    Filed under: Electronics
    2008/05/01 11:55 am | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • 安藤@大分 Says:

    これいいですねえ。
    PV4と合わせると簡単にD映像キャプチャ環境ができあがりますね。
    おまけにPV4のアプリでWindows画面でTV視聴も可能になりますね。

  • MacBS Says:

    安藤さん、コメントありがとうございます。

    私もこれはかなり欲しいかもしれません。
    現状のテレビを延命させられますし、
    たぶん、現状のTVチューナーならキャプチャできちゃうかも
    しれないなぁと思っていたり…。

    もちろん、DVDレコーダなり、液晶テレビはもう少し
    経ったら考えようとは思ってるんですけどね。

  • matsumo Says:

    MacBSさん、こんにちわ

    やはり、この手のものが出てきましたか。16,000円弱と言うのはまあまあの価格だと思いますが、現時点のDVDプレヤーの価格を考えると、まだまだ、下がるような気がします。と言っても、下がっても5000円と言うことはないと思いますが。アナログ放送中止時にはまだ時間がありますので、買い時は今年年末あたりかなあなんて思っています。

    それよりも問題なのは、私の家は近所に大きなビルができた時に、そこに建てられた共同アンテナで家に1~12チャンネルのみひきこまれていて、UHFの電波は来ていないことです。このアンテナ、建てられたビルが管理しており、私の家を含めて誰も費用を負担していないので、どうなることやらと思っています。家にはUHFのアンテナがあり、それで46チャンネルのみはノイズはありますが、まあまあ見られますので、地上波デジタルは電波が弱くても見ることが可能とのことで、もしかして、このままでも地デジチューナーがあれば見ることができるのかなあと思っているのですが。

  • MacBS Says:

    matsumoさん、コメントありがとうございます。

    正直、家電メーカーさんは最新の液晶テレビなどに
    買い換えてほしいわけで、この手のチューナーを
    積極的に発売することはないのではないかと
    予測してます。

    ですから、これまでの発売メーカーもアンテナメーカーと
    PC周辺機器メーカーさんですしね。
    あとはBUFFALOやNANAOあたりも出してくるかも。

    とはいえ、海外製品が入ってくると、価格破壊が
    起こる可能性は否定できません。
    とはいえ、あの「B-CASカード」が必要なのが
    基本ですから、それも結構難しいのかも。

    UHFのアンテナが装備されてない集合住宅も
    きっと多いことでしょう。
    そのあたりは自治体なりが補助金を出してくれても
    良さそうなものですけどねぇ。