• 184月

    今回の東京出張では時間的に余裕が少なかった(当社比)のもあって、恒例となっていた感のある自分へのお土産は無しとなりました。
    いくつか気になったものはあったんですけど、これは買いだ!というのに至らなかったというだけなんですけどね。
    そんな目に止まったモノたちをいくつか紹介しておこうかと。(自分用メモとも言う。)

    まずは秋葉原で、先日チラッと見つけておいた上海問屋の実店舗に行って来ました。
    ドスパラのワンフロアを間借りしている感じですが、間借りとはいっても3F全体が上海問屋一色です。
    例のスピーカーケーブルもありましたし、いつもWebで見ている商品が目白押しなのはやっぱり面白いですね。
    スピーカーケーブルはVAN DEN HULのとかを見ましたが、見た目は本物ソックリでしたが、包装された透明なビニール袋にMADE IN CHINAの文字がありました。
    これにかぎらず上海問屋さんの製品って、不思議と実店舗で見ると購入意欲が低下するのは何故でしょう?っていうのが失礼ながら正直な感想かな。

    あと、先日紹介した「じゃんぱら」の新店舗、新橋店もチラッと覗いてきました。
    タブレットとケータイが充実していて、デジカメとイヤホンも少しあるという感じです。
    面白かったのはなぜかNikon D7000の絵が入ったUHS-I対応の16GB SDHCカードで、あとで調べてみるとニコンのD7000 18-300 VR スーパーズームキットキャンペーンで付いてくるものと同じっぽいです。
    もしそうだとすると中身はSanDiskらしいですし、1980円ならまあまあといったところでしょうか。

    カメラ関連ではRICOH GRの発表が分かっていたからか、アウトレット店でGXR A16、P10、S10辺りの安売りが目立ちましたし、GRD4もたしか3万円台前半で売っていました。
    ただ、それならGXR A16の3万円台中盤くらいのほうがお買い得感はあるのかな、という印象でしたね。
    大きさが全然違うので代替にはならないのでしょうけれど。
    フィルムカメラも久々に見ると、Leica CLやcontax IIIaなどが以前よりは下がったかなという感じでしたが、レンズのほうはマウントアダプタの存在もあって、あまり下がってないし、むしろ出物が減ってるように感じました。

    オーディオに関してもアウトレットを中心に見ましたが、CEC AMP3800やMusical Fidelityとかがあったくらいかな。
    Musical Fidelityは以前からの代理店がよくわからない感じで、別のところが代理店としてWebサイトを公開していたりというゴタゴタもあっての値引きかなぁという感じがします。
    ARCAM rDACも安く売ってるお店を見かけましたけど、海外製品はこういう代理店の問題が多くなってきてるなぁというのが今後のオーディオ業界の心配事かな。

    あえて今から振り返ってどれかを買って帰るとしたら、ARCAMのrDAC、次点がLeica CLでしょうか。
    来月は出張がないかもしれませんけど、6月には間違いなく行きますし、その時の楽しみに取っておこうと思います。

    Filed under: Electronics
    2013/04/18 12:00 pm | 出張中に目に止まったモノ はコメントを受け付けていません

Comments are closed.