• 061月

    各社からどしどしと新しいカメラが発表になってますが、ソニーからは噂のNEXではなく、コンパクトがたくさん海外発表になっています。
    そんな中からDSC-WX10をピックアップしてみようかと。

    私もWX1を使ってますが、そちらの後継はWX9で、WX10のほうはHXとWXの中間みたいな感じになってるようです。
    24mm相当からの7倍ズームということで、ズームも中間的ですね。
    ただ、液晶が2.8型46万ドットとなっていて、WX9の3型92万ドットより見劣りするみたいです。
    まぁ、WX5もほぼ同スペックの液晶ですから、WX9の液晶が精細すぎるといえるのかもしれませんが。

    最大の特徴は「ハイスピードリニアオートフォーカス」というものだそうで、これでオートフォーカスが一眼レフ並みのスピードになるんだとか。
    最初、EXRみたいな位相差ハイブリッド方式かと思ったら、そうではなく、フォーカスのレンズ駆動を工夫したようです。
    機械的な歯車を使わず、スピーカーのボイスコイルみたいな方式で前後駆動させてピントを合わせるんだとか。
    動画で動作音が静かになるという副次的なメリットもありそうですね。

    ちなみに今回発表の機種はどれも1620万画素の裏面照射CMOSになってます。
    最初に裏面照射CMOSが登場した時はいったん画素数が減少傾向になったのですが、また高画素競争に突入してしまったようですねぇ。
    高画素化を真っ向から否定するわけではありませんが、非ベイヤーなど、別の進化の方向もそろそろ見たい気がします。

    デジタルスチルカメラSONY DSC-WX10 ブラック

    デジタルスチルカメラSONY DSC-WX10 ブラック
    価格:28,650円(税込、送料別)

    Filed under: DigitalPhoto
    2011/01/06 7:27 pm | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • cardamom Says:

    こんばんは。

    WX5を買った人間としては非常に興味深い機種です。
    WX5はWX1に比べて最短撮影距離が大きくなってしまい、近接に弱くなってしまいました。そこが解消されているなら買い替えたいですね。(^▽^;)

    たださらに高画素になったので画質が心配ですが・・・。

  • MacBS Says:

    cardamomさん、コメントありがとうございます。

    WX5はテレ端の最短撮影距離が長くなったのですね。
    ちなみに、うちのWX1にゴミが入ってるのを見つけちゃいました。
    テレ端マクロだとゴミが見えるのですが、ワイド端では見えないゴミでした。(^^;

    で、肝心のWX10ですが、テレ端マクロは100cmになってます。
    焦点距離が伸びてるので微妙なところですが、改善してるとはいえないようです。
    なお、WX9のほうもテレ端マクロは100cmなので、これはさらに弱くなってるみたいです。

  • cardamom Says:

    おはようございます。

    あらら、WX5は確か90cmだったような・・・(-。−;)
    WX1は50xmでしたよね。

    これはHX7Vに期待した方がいいかなあ・・・。

    ゴミですか?
    その状況で見えるゴミってどこにあるゴミなんでしょう?

  • MacBS Says:

    cardamomさん、コメントありがとうございます。

    WX5が90cm、WX1は50cmですね。
    テレ端マクロは弱い機種が多いし、あまり注目されづらいスペックなので、重視しないのでしょうね。
    なお、HX7Vもテレ端マクロは100cmだそうです。

    ゴミは中玉あたりに乗ってるのでしょうね。
    50mmくらいまでは見えず、そこから徐々に見え始めてきます。
    分解したいところですが、まぁしばらくはこのまま様子を見てみます。