• 301月

    ソニーから新しいコンデジ「DSC-TX300V」が3月に発売されるそうで。

    名前としてはTシリーズを引き継いでいて、レンズも同じく屈曲系ですが、今回からはスマートフォン連携などが強化され、ちょっと新しいシリーズみたいな雰囲気になっています。

    スマートフォン連携は「PlayMemories Mobile」という独自アプリを使う方式で、AndroidだけでなくiOSにも対応してるというのは良いですね。
    これでスマートフォンに写真を転送できますが、画像は200万画素にリサイズされて転送されるようです。

    カメラ側の方では1820万画素という、またまた高画素な裏面照射型CMOSセンサ採用です。
    元々、高感度に強いということで出てきた裏面照射ですが、ここまで高画素化するとねぇ。
    ただ、ISO6400以上では4画素混合して6枚連写し、そこから超解像技術で1820万画素相当の画像にするという、離れ業をやってるようです。
    デジタルならではの処理ではありますが、スマートフォン転送で200万画素にリサイズされるなら、こっちも4画素混合のままで良いような気もしますけどね。
    なお、レンズは26-130mm相当の5倍ズームで、ここは屈曲光学系にしては広角で良いのではないかと思います。

    ほかにもTransferJetやGPSに防水、さらには非接触充電と、かなり高機能になっています。
    ただ、スマートフォン単体でも最近はかなり高機能ですし、わざわざカメラを個別に持ち出す魅力があるかというと、まだちょっと弱いかなという気もします。
    LytroとAppleが近づいてるという噂もありますし、日本のカメラメーカーもリードを伸ばしておかないと怖いんじゃないかなぁという気もしますが、どうでしょうか。

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2012/01/30 9:00 pm | SONY DSC-TX300V はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.