• 109月

    以前から噂になっていたソニーのフルサイズデジタル一眼レフ
    「α900」が、ついに正式発表されました。


    【一眼デジカメ・2400万画素】[SONY]α900

    発売は10/23の予定と、少し先ですが、30万円程度の価格みたいですね。
    簡単に買える金額ではないものの、結構安めのスタートかと。

    2460万画素CMOSは正直、画素数が多すぎる気もしますが、視野率
    100%の明るいファインダーとか、フルサイズでは初の手ぶれ補正は
    かなり魅力的です。

    APS-Cのレンズ装着時は、1200万画素相当でクロップ撮影できる
    みたいですが、あくまでも正式サポートはしない模様で、これを
    見ても、今後はフルサイズ化を進めていくつもりなのかも。

    個人的にはAPS-Cのレンズは持っていないので、安くなったら、
    α700から乗り換える可能性もないとはいえないですね。

    α-9をかなり意識して、それより上を目指した、という感じが
    伝わってくる一台ですね。
    個人的には、α-9もだいぶ値下がりしてきてるので、まずはそっちを
    狙ってみたい気もしますが。


    《中古良品》MINOLTA α-9

    ともあれ、フルサイズ競争もどんどん激しくなり、デジタル一眼レフも
    各社、厳しい競争にさらされそうですねぇ。

    まだフルサイズを発表していないPENTAXが、どう出るのかも興味が
    あるところではあります。
    だからこそ、今はK10Dあたりが狙い目なのかもしれません。


    【中古デジカメ】 PENTAX K10D税込/送料無料

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2008/09/10 5:18 pm | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • 安藤@大分 Says:

    結構安いですね。

    友人が700を使っているんですが、買い換えるらしいので、
    700を譲ってもらう予定です。

    さて…素人でも使いこなせるだろうか…

  • MacBS Says:

    安藤さん、コメントありがとうございます。

    フルサイズで、カメラ部分もしっかりしている割には
    安いですよね。
    ミノルタ時代からの真面目さを引き継いでくれているのは
    うれしい限りです。

    α700、譲ってもらえるんですね。
    私も使っていますが、とても使いやすい機種です。
    Dレンジオプティマイザーが結構便利で、JPEGの
    撮って出しでも結構、イケるんです。

    少し大きめのCFを用意して、RAWと同時記録しておけば
    さらに安心です。
    もちろん、メモリスティックDuoも使えますし。

    やや露出を外すことはありますが、癖を掴めば
    ちょっとした露出補正をする程度でOKです。

    ミノルタのレンズだと安くゲットできますし、
    私も使っていますので、何かあったら、いつでも
    ご相談に乗りますので、お気軽に。

    p.s.
    近くに戻ってきたことですし、お会いしたいですね。

  • 安藤@大分 Says:

    おぉ、MacBSさんもお持ちなんですね。
    ぜひいろいろ教えてください。
    何せ現オーナーはぜんぜん使いこなしていないひとなんで(笑)
    900も宝の持ち○れだと思うんですが(^^ゞ
    (そこまでいうか(笑))

    体調はいかがでしょうか。
    もしよければいろいろ積もる話もありますし(^^)

  • MacBS Says:

    安藤さん、コメントありがとうございます。

    私もα700をフル活用しているわけではないですが、
    ミノルタの古いレンズで楽しませてもらっています。

    引っ越しのバタバタが続いたせいか、熱が出てしまいました。
    全く困ったもんです。(^^;
    近々、メールしますので、しばらくお待ちくださいね。