• 012月

    先日、α300とα350が噂になっていたソニーのデジタル一眼レフですが、予想通り
    国内ではα350だけが発表になったようです。


    デジタル一眼レフカメラ SONY DSLR-A350Kズームレンズキット

    1420万画素の高画素モデルのほうが、日本ではアピールが強いんでしょうね。
    画素数って、実際、それほど必要ではない気がするんですけどねぇ。
    私など、600万画素クラスでも十分満足してますけど。

    売りのライブビューはペンタダハミラーをうまく使って、光路をずらして、光学ファインダーと
    プレビュー用のCCDに切り替えられる工夫がされています。
    これ、特許を取ってるでしょうから、他社としては結構くやしいかも。

    逆に言えば、これまでのパタパタする、無理やりライブビューよりもずいぶんスマートで
    機械的な負担も少ない、良い手法だと思います。
    反面、シャッターを切った瞬間は液晶ビューも途切れるという欠点もあるわけ
    ですけどね。

    お値段はボディ単体で9万円前後の予定だそうで、比較的安めだと思います。
    逆に、α700との差別化が難しい気がしますけどね。(^^;


    SONY α700 ボディ [DSLR-A700]

    Filed under: DigitalPhoto
    2008/02/01 1:34 pm | SONY α350 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.