• 261月

    リコーの防水デジカメ「RICOH PX」ですが、発売当初に店頭で触って正直かなり微妙だなぁという感想を書いたのですが、その後すっかり存在自体忘れていました。

    しかし最近、アウトレットや中古で格安で売られてるのを見かけて、その値下がりっぷりにちょっとビックリです。
    発売当初は2万円台後半くらいだったんですが、今や1万円を割ってるお店も多数ですからねぇ。
    当初のCXシリーズよりも高いような価格だと評価も低くなりがちですけど、このくらいの価格なら再評価しても良いかも。
    レンズが飛び出さないのも良いですし、なによりやっぱり防水防塵ですからね。

    それにしても最近のコンデジの価格下落具合はすごいものがあります。
    ネットで中古の情報を眺めていても数千円でキヤノンやニコンあたりがズラリと並んでいます。
    試乗がもう飽和しているでしょうし、スマートフォンで十分という方も多いでしょうしねぇ。
    反面、大きめの素子のモデルやRAWで撮れる機種はわりと高止まりだったりします。
    今はそこそこ利益が確保できているミラーレスも今のままでは同じ轍を踏むのは間違いないでしょうし、メーカーも次々にモデルチェンジするばかりではなく、うまく独自性を持たせてほしいところです。

    Filed under: DigitalPhoto
    2012/01/26 12:00 pm | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • SKY ONE Says:

    Pentaxの低価格帯も散々なもので
    両方抱えることになるリコーはこの先どうするんでしょ

  • とめ Says:

    コンデジの多くは、新品でも1万円を切るものが多くなったし、携帯やスマホのカメラ機能も充実してきてますから。
    あえてデジカメを使わなくてもと思っている人が多いのでしょうね。

    新製品のサイクルも早いし、中古が安くなるなら、
    考えてもいいかも。
    メーカーサイトのアウトレットも思い切った価格になることもあるしね。

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    ペンタックスはずいぶん機種が減っていますし、RICOHもCXのみにするのではないかと。
    そうなると高倍率ズームばっかりになっちゃいますけどね。

  • MacBS Says:

    とめさん、コメントありがとうございます。

    以前は高画素、今は高倍率ズームが差別化っぽくやってますが、どちらももう限界でしょうねぇ。
    フィルム時代で言うGR10みたいな機種とか、他とはちょっと違うアプローチで頑張ってほしいところですね。
    個人的に欲しいのはモノクロ専用機ですけど、さすがにそれは市場が小さすぎるかなぁ。