• 263月

    先日、COOLPIX P5100も触ってきましたが、対するCanonの
    ハイグレード機「PowerShot G9」も店頭で触ってきました。

    B000V9I92Q Canon デジタルカメラ PowerShot (パワーショット) G9 PSG9
    キヤノン 2007-09-21

    by G-Tools

    まず、第一印象が「大きい」ですね。
    それは液晶画面の大きさもそうですし、本体もそうです。
    大きいですが、それが負担になる感じではなく、高級感にしっかり
    つながってはいます。

    モード切替なども、いちいち液晶画面でエフェクト付きで表示され、
    わかりやすいですが、これって、慣れるとちょっと目がチカチカする
    気がしますねぇ。
    こういうところを見てると、そのうちデジカメもOS搭載とかになるのかも
    なんて思ってしまいました。

    あと、これは他機種でも同じなんですが、電源ボタンがやっぱり
    中途半端に押しづらい位置にあるんですね。
    これ、各機種共通な感じなので、市場調査の結果、勝手に電源が
    入るのがイヤ、っていう要望が多かったんでしょうね。

    COOLPIXとの一番の違いは、やはりRAW撮影ができる点でしょう。
    これはやはり後処理のしやすさからして、あるほうがうれしいです。
    RAWが必要というよりもJPEGってのが、もはや古すぎるフォーマット
    なのだと、何度も書いてる気がしますけれど。(笑)

    レンズについては本体がしっかりしてる分、高倍率でも前に傾く
    ようなことはありません。
    ただ、広角が35mmからはちょっと弱いかな。
    これも28mmが欲しいところです。

    背面には、コントローラホイールというのがありますが、これは
    なかなか使いやすいです。
    液晶画面が背面のかなりのスペースを占める中、きちんとこういう
    操作系を実現してるのは、さすがだと思います。

    ダイヤルについては背面からみて左上にISOダイヤルがありますが、
    これはあえて別ダイヤルにするほどではないのではないかなぁ。
    むしろ、右側のダイヤルで共用されているカスタマイズ機能を
    ここに割り当てられると良いのかなぁとも思いました。

    その他、NDフィルタ内蔵なんていうのも面白いアイデアですね。
    レンズがやや明るいからこそ、生きる機能でしょう。
    あえて言えば、さらに明るく、28-140mmくらいのモデルもあれば
    最高なんでしょうけれど。

    あとは、撮影モードがもう少し充実すると良いですね。
    1:1撮影とか、ファームウェアで対応したりできないものでしょうかね?

    価格なりのしっかりしたカメラだと思いましたが、デジタル一眼レフも
    安くなってるので、なかなか戦い方は難しいところでしょうね。
    少し前の銀塩コンパクトの苦悩してた時期に通じるものを感じるのは
    私だけでしょうか?

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2008/03/26 9:11 pm | PowerShot G9、触ってきました はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.