• 099月

    だいぶ前から噂になっていたペンタックスのデジタル一眼レフ「K-r」が10月中旬に発売されることが決定したそうで。

    K-xの後継という位置づけだと思いますが、カラフルなバリエーションがすごいですね。
    これだけの品種を管理するのは大変だろうなぁと思いますが、それが他メーカーにない強みにつながったのかも。
    レンズも「DA 35mm F2.4 AL」という、これまたカラバリたっぷりのAPS流標準単焦点が出てくるようで、これと組み合わせてのコーディネートはかなり楽しそうです。

    機能面でいちばん大きな変更点はファインダー内のスーパーインポーズ機能が搭載された点でしょう。
    どこにピントが合ってるのかわからないと不評でしたからねぇ。
    個人的にはピントの山が見やすいファインダーなら、あまり気にならないんですけどね。
    また、画素数はK-xと同じ1240万画素ですが、CMOS自体は新しい高速読み出しタイプに変わっているとのことです。

    次はK-5という噂がありますが、こちらはどうなるのかな?
    K-7も気づかぬうちにずいぶん下がってきてるので、これも魅力的だなぁと思いますが、K-5が上位モデルなのか、はたまた後継機なのかも気になるところです。

    Filed under: DigitalPhoto
    2010/09/09 4:00 pm | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • SKY ONE Says:

    コレジャナイは未定だそうで

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    イベントや記念モデルみたいな感じで、コレジャナイロボは登場するのかもしれませんね。

  • shigechan Says:

    ども、今晩は。
    先日は帰宅のご心配を頂き有り難う御座いました。

    K-rは自分のブログでも紹介しましたが、K-xもCMOSだったんですね(^_^;
    興味の薄い機種は十分にチェックしていないのがバレバレでした。
    しかし他のトピックを見ると、もう完全に”デジカメ使い捨て”ですね〜。
    愛着も持たれずに使い捨てされるのは、可愛そうだな〜と思います。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    今年は猛暑の印象が強いですが、台風もこれからまだまだやって来るかもしれませんねぇ。

    私も最近のニューモデルは把握しきれないものが結構あります。
    コンデジに関しては1000万画素を超えたあたりから、さらに加速した感があるのは私だけでしょうか。
    私も大量に集めるのは良いものの、愛着を持って使ってあげられるのはどうしても一部だけになってしまいます。
    それもあって、あまりに出番のないものは再度手放すほうが良いのかなぁと思っていますが、それも無責任かもしれませんね。