• 274月

    ペンタックスの中判デジタル一眼「PENTAX 645D」の発売日が
    5/20に決定したそうで。

    一時はこのモデルの発売どころか、PENTAXブランドの存続すら
    危ないのではないかという時期もありましたが、無事に発売を
    迎えられたのは、ペンタックスの一途なファンじゃない私でも
    なんとなくうれしい気分です。

    旧モデルのレンズも使えるのが個人的にはペンタックスらしい良心
    だなぁと感じますが、中古価格が上がるかと思いきや、意外に変化が
    ないですねぇ。


    【中古】ペンタックス 645 75mmF2.8 【あす楽対応_関東】【あす楽対応_甲信越】【あす楽対応_…

    まぁ、これだけ高価な機種ですから、レンズをケチる人はいないのかも。
    私がゲットできるのは銀塩カメラのほうでしょうから、レンズの相場に
    変化がないのは助かりますけどね。

    あと、気になるのは他社の追従でしょうか。
    今、中判デジタルを出してるのはライカ、ハッセル、マミヤといった
    感じですが、ほかのメーカーも市場規模次第では参入するかも!?

    ただ、最大手のCanonやNikonは銀塩時代も中判は一度も出したことが
    ないんですよね。
    可能性としてありそうなのは旧フォーサーズの位置づけが難しくなって
    きているオリンパスや、レンズ交換式を現在持たないフジあたりかな?

    個人的には、私も壁紙にしているMDNみたいな機種をオリンパスが
    出してくれたらなぁと思うのですが、無理かなぁ。

    Filed under: DigitalPhoto
    2010/04/27 10:03 pm | 8 Comments

8 Responses

WP_Lime_Slice
  • Agas Says:

    割と本気で欲しかったりするのですが、さすがにお高い。
    お小遣いを貯めて、みたいに悠長な事をやっていたら
    買える頃には何世代進化しているんだろうと言う(笑)

    ええ、素直に銀塩の 645N を使い倒します(泣

  • MacBS Says:

    Agasさん、コメントありがとうございます。

    うちにあるカメラやレンズ、全て集めても届きそうにないです。(^^;
    しかし、10年後にデジタルカメラはどんなものになってるんでしょうね?
    「デジタルなんてまだ使ってる人、いるの?」なんて言われてたりして…。

    645Nでも十分すぎるくらい、うらやましいです。
    うちは先日のSolidaを頑張って使いますです。
    先日ゲットされたらしいカメラの紹介も楽しみにしています。

  • SKY ONE Says:

    仕方ないから、ヤフオクで645をウォッチリストに追加
    でも、見てるだけ(笑)
    σ(^_^)は、ペンタは67でいいや

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    ウォッチリスト、最近は全然入れてないですねぇ。
    送料が九州だとどうしても高くなりがちなのも影響しているのかも。

    個人的には中判は6×6が好きなので、ペンタコンやブロニカあたりは
    狙ってみたいなぁと思います。

  • shigechan Says:

    今晩は。
    まああれでも頑張った値付けだとは思うんですが、アマチュアには高いな〜。
    とか何とか言いつつ16GBのSDHCカードを2枚買ってあるんですよ(汗)
    本体を買うと決心した訳でもないのに(^^ゞ
    現物は何の違和感も感じずに操作出来る良い物でした。K10Dよりも戸惑わずに
    使えるかもしれません。

    6×6はウェストレベルの左右逆像に全くなじめず、私には無理です。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    私にはとても買えそうもないので、せめてちらっと触ってみたいなぁと思いますが、
    それもきっと近所のお店では無理っぽいです。

    そういえば、他社の中判一眼レフはほとんどフィルムバックのものが
    多いですけど、ペンタックスは交換式でないですね。

    6×6でもペンタコン6あたりはプリズムファインダーが結構ありますね。
    Kowa Sixもプリズムのを見かけましたが、どっちもかなりマイナーですね。(^^;

  • shigechan Says:

    今晩は。
    まあ私もCP+の会場で数分間弄っていただけですからね〜。実機をいきなり
    渡されても、とりあえず撮影する事は出来るなと言う操作感だったのが
    印象に残ってますね。

    フィルムバック交換式は無いですね。どうしてもフィルムを替えたければ
    複数台のボディを用意すればよいと・・・。
    数年間だけ2台の645ボディを使っていましたが、風景撮影なら兎も角
    モデルのスタジオ撮影などでは、違う銘柄のフィルムは混用しなかった
    ですよ。同じ銘柄の120と220を併用した事はあったかも知れません。
    慌ただしく撮っている中で変な事をやると、露出を間違えて失敗するのが
    オチで、参加費が無駄になります(^^ゞ

    その点デジタルは便利ですね。感度なんか途中で変えられるし645Digital
    はカラーリバーサルモードが付いています(K-7にもあったかな?)
    それから6×6のプリズムファインダーはハッセルにはあったような気がしますが、
    ご指摘の機種についてはウェストレベルのイメージしか無かったです。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    中判とデジタル一眼のノウハウがしっかり集結してるんでしょうね。
    645Dも長く開発していたので、操作系も吟味出来ているのかも。

    フィルムバック交換というのはフィルム時代のフィルム交換の
    スピードアップのための策だったのかもしれませんね。
    カメラ好きとしてはあのシステマティックな感じもたまりませんが。