• 054月

    Panasonicのマイクロフォーサーズ機のニューモデル「DMC-GF5」が発表されました。

    すでにGF1の面影はなくなってしまいましたが、GF3の後継機としては順当な進化ですね。
    まずは撮像素子が1306万画素の新しいLIVE MOSになっています。
    ただ、有効画素は1210万画素と同じというのは変な感じです。
    最初はマルチアスペクト対応になったのかなぁと思いましたが、そうではなく、横の画素数はどのアスペクトでも4000pixelで固定のようです。

    とは言っても一応最新で画素数も控えめなのも功を奏してか、ノイズはGF3比で約半分に低減しているとのこと。
    ISO800までの改善が大きいということですが、今はコンデジでも高感度には強くなってますからねぇ。
    その他、気になる変更点というと、マイクがステレオになったあたりでしょうか。
    なお、動画はMotion JPEGをやめてMP4対応になっています。

    GF3はもうすっかり値崩れしていますから、それを戻したいという意図もあるのでしょうね。
    パナ機は個人的には結構好きなんですが、LIVE MOSはもうちょっと改善してもらわないと他社にかなわない部分もあります。
    ただ、ないものねだりしても仕方ないでしょうし、レンズは結構優秀なものが多いですから、そっちで明るい手ぶれ補正搭載のレンズを充実させるのも良いのかも。
    登録ユーザーにマクロコンバージョンレンズをプレゼントとかも面白い試みだと思いますしね。

    Filed under: DigitalPhoto
    2012/04/05 8:00 pm | Panasonic DMC-GF5 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.