• 215月

    私も愛用しているNikonのデジタル一眼レフ「D300」の新しいファームウェア1.11が公開されました。

    正直、2007年発売の機種のファームウェアが今さら更新されるとは思ってもいませんでしたが、そこはやっぱり上位モデルのメリットでしょう。
    ちなみに修正内容は機種そのものの機能に伴うものではなく、5/31発売の「AF-S NIKKOR 800mm F5.6 E FL ED VR」に対応させるためとのことで、他にもD300S、D700用のファームウェアもいっしょに公開されています。

    早速更新もしてみましたが、ファームウェアに必要なファイルが「A:Ver.1.11 / B:Ver.1.11」と2つあって、久しぶりすぎてやり方も忘れてました。
    ダウンロードしたファイルには当然ながらこの2つがいっしょに入ってるんですが、最初にAだけをメモリカードに入れて更新、その後にAを消してBを入れ、再度更新という手順なんですよね。
    前回もたしかいっしょにメモリカードに入れちゃってBからの更新としましたが、とりあえず問題なくアップデートは終わったようです。
    ただやっぱり手順通りにやるほうが安心ですし、久しぶりの更新ですからバッテリーもしっかり準備してから更新することをオススメします。

    D300もそろそろ老朽化してきつつあるなぁと感じましたが、ファームウェアが新たに出るくらいならまだ戦えるかな?
    次はおそらく35mmフルサイズ機にするんでしょうが、どうせならD3とかにしたら面白いかなぁなんて考えてます。
    ここで、D4と言わないあたりが私らしいところでしょうね。

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2013/05/21 7:30 pm | Nikon D300のファームウェア1,11 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.