• 101月

    ニコンのミラーレスカメラ「Nikon 1 S1」がCESで登場しているようで。

    これまでのVシリーズ、Jシリーズのさらに下のエントリークラスになるモデルのようです。
    画素数は1011万画素で、J1の時とほぼ同じです。
    デザインの感じからしても、どちらかと言うとJ3という印象なんですが、そのJ3という型番は今回、別に発表されていて、こちらは1425万画素のちょっぴり高級なモデルになっています。
    こちらを別シリーズにしたほうが良いような気もしますけど、価格下落を抑える意図もあるのかな。

    他社のミラーレスの動向と同じく、ローパスフィルタを廃し、位相差AFを搭載しています。
    撮像素子が小さいということで当初は正直イマイチの印象だったのですけど、蓋を開けてみると台数ベースではミラーレスの中でも一番人気らしいですね。
    撮像素子が大きいのは基本的には良いことなんですが、それに応えるレンズを作るとなるとやっぱりそれなりに大変だというのも大きいのかも。
    もちろん、価格面で一眼レフとの差別化をしなければならないという点もあるのでしょうし、本体のサイズも持ち出しやすい大きさが良いというのもあるのかな。
    そういう意味では今回のS1の安さと小ささは結構な人気モデルになりそうな気がします。

    Filed under: DigitalPhoto
    2013/01/10 8:19 pm | Nikon 1 S1 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.