• 296月

    SONYのミラーレス機「NEX-C3」が店頭に並んでいたので、チラッと触ってきました。

    まず電源を入れてみると、なんだか起動が早いです。
    オンにした瞬間にもう撮影できる状態、という感覚です。
    サイズ的にどうしてもコンパクトデジカメな感覚があるから、沈胴式でない分のタイムラグがそう感じさせるのかも。
    ただ、手持ちのGF1と比べても、ほんの一瞬の違いですが、起動が機敏な印象がありました。

    次にサイズですが、想像していたよりも小さく感じました。
    隣にGF3のモックアップがあったんですが、それと比べても遜色ないかも。
    NEX-C3は丸みを帯びたデザインというのも功を奏してるのかもしれませんが、GF3のほうが厚く感じるくらいです。
    とはいえ、実際のサイズはやはりGF3のほうだたいぶ小さいですし、レンズ込みで見ると結局、大きさはずいぶん違うわけですけどね。

    持ちやすさのほうはGF3はモックアップなので直接は比較できませんが、GF3のほうはコンデジ感覚で持てる感じ、NEX-C3はやっぱりちゃんと両手でグリップする感覚かな。
    本来はしっかり両手でグリップできるデザインのほうが望ましいわけですけど、GF3の気軽な感じも悪くないでしょう。
    このあたりはどういう位置づけでミラーレスを使うかという志向や嗜好で選べば良いのではないかと思います。

    操作系は初代NEXを踏襲しています。
    すっきりした感じにしたいのでしょうが、背面はまだ余裕がある感じですし、もうちょっとボタン類は多くても良いかな。
    デザイン重視ならば、いっそのこと、液晶をチルトした下あたりにカスタムボタンを置いたら良いかも。

    画質はいつものように店頭では確認できませんでしたが、動作は軽快でサクサク撮れる印象でした。
    顔検出やAFも軽快で、このあたりは初代NEXからだいぶこなれてきたなぁという気がします。
    ただ、そのあたりの操作感覚も含め、やはりよくも悪くもαではなく、サイバーショットの雰囲気なんですよねぇ。
    むしろ今回、さらにその方向に寄った印象もあります。

    個人的にはα-Aとの差別化が図られ、α-Aが継続していってくれたほうがうれしいので、この方向で良いんじゃないかなと思います。
    マイクロフォーサーズともまた違う、NEXらしさに磨きをかけたモデルに仕上がってるように感じました。

    Filed under: DigitalPhoto
    2011/06/29 9:00 pm | NEX-C3、触ってきました はコメントを受け付けていません

Comments are closed.