• 199月

    先日からNEX-5にズミタールを装着してましたが、手持ちのLマウントを一通り試そうと、次はキヤノンの50mm F1.8を付けてみました。

    ただ、このレンズの持病である中玉の曇りが再発していたので、分解して清掃しておきます。
    すっかり分解方法を忘れてましたが、飾りリングでもなく、後ろのカニ目でもなく、前のフィルタ枠を外すことで絞り前後に分解できました。
    注意点としてはフィルタ枠の横にイモネジがあることくらいですね。

    そんなところはさておき、撮影自体はそこそこ快適に。
    ただ、天候があまり良くなかったので、撮影枚数はまだほんの少しなんですけどね。

    写りはズミタールよりは現代的な感じですが、暗いシーンではカラーバランスがイマイチになることもありました。
    なお、NEX-5側の設定もだいぶオールドレンズに合わせて調整を試しています。
    DROはオフにしましたし、クリエイティブスタイルはスタンダードのままですが、オプションでコントラストと彩度をとりあえず+1にしてみました。
    α700とはまただいぶクセが違うので、使いこなすまでに時間がかかりそうです。

    あと、Lマウントだとやっぱり寄れないのがきついですね。
    いつも結構近づいて撮るクセがあるので、せめて60cmくらいまで寄れるとなぁ。
    そこはヘリコイド付きのマウントアダプタとか接写リングに頼るしかないかな。
    まぁ、先日のエントリの後、とあるマウントアダプタを注文したので、近日中には届くでしょう。
    それまでは手持ちのLマウントで遊んでみたいと思います。

    Filed under: DigitalPhoto
    2011/09/19 12:00 pm | NEX-5にCanonのLマウント はコメントを受け付けていません

Comments are closed.