• 274月

    先日もRC版が出たばかりの「Lightroom 4.1」ですが、まだ正式版ではなく、RC2が登場してきました。

    今回はレンズ補正パネルにフリンジ軽減機能が追加され、16/24/32bitのHDRファイルを読み込めるようになったんだとか。
    でも、わざわざRC2を出してきたのは新しいカメラ機種のRAWファイルに早く対応させたかったということのほうでしょうね。
    なお、新たな対応機種は以下の通りだそうです。

    OLYMPUS OM-D E-M5
    キヤノンEOS 60Da
    サムスンNX20
    サムスンNX210
    サムスンNX1000
    ソニーNEX-VG20
    ソニーα57
    ニコンD3200
    パナソニックLUMIX DMC-GF5
    富士フイルムFinePix F770EXR
    富士フイルムFinePix F775EXR
    PENTAX K-01
    RICOH LENS A16 24-85mm F3.5-5.5

    EOS 5D Mark IIIは前回のRC版で対応してましたが、今回はかなり機種が多いですね。
    E-M5とかD3200あたりはうれしい方も多いのではないかと。

    ただ、残念ながら、私が現在お借りしているFUJIFILM X-Pro1はまだのようですけどねぇ。
    X-Trans CMOSへの対応がなかなか大変なんでしょう。
    それをカメラ本体で処理しているのですから、そういう意味ではX-Pro1はかなりスゴイということも言えそうです。

    というわけでX-Pro1の現像にはまだ使えませんが、とりあえずRC2も入れておこうかな。
    もうちょっとで返却ではありますが、RAWデータ自体は残るので、Lightroomが対応したら、SILKYPIXとの比較もやってみたいところです。

    Filed under: DigitalPhoto
    2012/04/27 7:00 pm | Lightroom 4.1 RC2 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.