• 1412月

    AdobeのRAW現像ワークフローソフト「Lightroom」が3.6になっています。
    また、同時にPhotoshopのほうもCameraRawが6.6になってます。

    まずはカメラが追加されていて、今回追加された機種は以下のとおりです。

    Canon Powershot S100
    Fuji Finepix X10
    Leica V-LUX 3
    Nikon 1 J1
    Nikon 1 V1
    Panasonic DMC-GX1
    Ricoh GR Digital IV
    Samsung NX5
    Samsung NX200
    Sony NEX-7

    どんどんニューモデルが出るから、それに追従するのも大変でしょうね。
    たまにSilkyPixベースのソフトを添付するカメラメーカーはありますが、Lightroomを採用するケースはほとんどないですねぇ。
    メーカーとの連動はあまりやらないのかなぁ。

    機能のほうも色々と修正されていて、以下のような変更がされてるとのことです。

    ・グリッド表示ですばやく操作するとプレビューが機能しない。
    ・Lightroomで撮影日時を編集すると、正しいメタデータフィールドに書き出されない。
    ・キーワードをファイルに保存すると Lightroomがクラッシュする。
    ・一部のJPGファイルがサポートされていないか、Lightroomへの読み込み時に破損す
    る。
    ・Lightroom 3.3以前のバージョンで作成した公開コレクションを Lightroom 3.5で公開
    できない。
    ・クイック現像でカスタム縦横比を入力しても、切り抜き縦横比メニューが黒いまま変化し
    ない。
    ・OS X 10.7で、マウスホイールを使用した初期設定のスクロール動作が機能しない(Mac
    OSのみ)。
    ・現像モジュールで、前に移動するボタンを使用して切り抜きをコピー、ペースト、適用す
    ると、間違った縦横比がメニューに表示される(Mac OSのみ)。
    ・コピーまたはペーストした切り抜き縦横比が編集中に失われる。
    ・現像モジュールで、切り抜きを適用して、コピーまたはペーストを実行するか、前に移動
    するボタンを使用すると、切り抜き縦横比が固定されない。
    ・ニコンD3xでテザー撮影が機能しない。
    ・32-bit版のLightroomで、スライドショーからビデオを書き出すとエラーが発生する。
    ・読み込んだ画像を使用し、自動マスクをオンにして補正ブラシを使用するとクラッシュす
    る。

    基本的には不具合の修正のようです。
    それにしてもAperture Aperture - Appleもそうですが、次期バージョンの話もまだあまり出てこないですねぇ。
    デジカメは結構出ても普通の方はほとんど純正ソフト、あるいはJPEGのみで終わって、現像ソフトを買うまではいかないのかな。
    ただ、最近はお値段も安いし、それこそ別のカメラに買い換えるくらいの効果も得られるので、ぜひ試してもらいたいところです。

    Filed under: DigitalPhoto
    2011/12/14 9:00 pm | Lightroom 3.6 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.