• 226月

    ライカからデジタルレンジファインダー「Leica M9-P」が発表されたようで。

    銀塩時代のMPのような位置づけでしょうか。
    以前から見かけたという噂が出ていましたが、一般向けにも発売されるんですね。

    M9との大きな違いは、派手な赤いロゴマークとM9という機種名の表示がなくなってる点です。
    それが違うからといって性能に差はないんですけど、目立たないほうがスナップにはメリットもありますしね。
    また、LCDの部分にサファイアガラスが使われていたり、バルカナイト革が使ってあるあたりが違いなのかな?

    正直、サイズがもう少し小さくなるとか、スペック上の違いもあると良かったかも。
    どちらにしても簡単に手が届くカメラではありませんが、M8あたりはだいぶ値下がりしてますし、今後、昔のCLみたいな機種が出てくると面白いかもしれませんね。

    Filed under: DigitalPhoto
    2011/06/22 12:00 pm | Leica M9-P はコメントを受け付けていません

Comments are closed.