• 088月

    リコーのコンデジ「GR DIGITAL IV」の機能拡張ファームウェア第3弾が登場したようで。

    APS-CサイズのGRが出てすっかり影が薄くなってましたが、一応まだ現役モデルなんですよね。
    さすがに今回が最後だとは思いますが、不具合だけでなく機能拡張をしてくれるのはユーザーとしてはありがたいものです。
    うちのはGRD4ではなく、GRD3ですけどね。

    そして肝心の機能拡張内容は以下のとおりです。

    ・撮影モードに“マクロターゲット移動”を追加
    ・画像設定[周辺減光]の設定値追加
    ・ホワイトバランスの設定値追加
    ・Fn ボタンペア設定に項目を追加

    これ以外に以下の修正もされています。

    ・ダイナミックレンジ補正を「AUTO」にセットしてフラッシュ撮影中、フラッシュ充電待機状態のままになる場合があり、正しく充電するようにしました。
    ・ハイコントラスト白黒の設定でAEブラケット撮影をすると画像に横筋が記録される場合があり、修正しました。

    機能的にはかなり成熟していますし、ちょっとした気が利くものが主体ですね。
    ここで得られた操作性はきっと最新のGRにも反映されていたり、これからの機能拡張につながることでしょう。

    そういえばGRも発売からかなり経ちましたが、まだ店頭でも在庫が少なめなようで、未だに触ったことがない状態です。
    価格のほうは7月末あたりから下がり始めたようで、8万円を切るところも出てきたみたいですね。
    もちろん、GRD4も下がってるでしょうけど、さすがに今から購入するのはちょっと躊躇してしまいます。
    GXRとA12ユニットなら…とはちょっと考えることもありますけどね。

    Filed under: DigitalPhoto
    2013/08/08 7:00 pm | GRD4 機能拡張ファームウェア第3弾 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.