• 012月

    さきほど、iPhoneをGPSロガーにする方法を書きましたが、デジカメを
    持ち歩く時、必ずログを録ってるとは限りませんよね。

    というわけで、あとからGoogleマップあたりで場所指定して、
    それをJPEGに反映できたら良いのに、と思うようになりました。

    調べてみると、まさにそれに近いサービス「GMAP2GPX」というのを
    見つけました。

    表示される地図上の任意の地点でShiftキーを押しながらクリックすると
    「ウェイポイント」というものが作れます。
    これを「GPX Waypoint」として、ファイル出力すれば、場所情報が
    取得できるというわけです。

    ただ、この場所情報には時刻の情報がないので、以前紹介したソフト
    Jpeg GPX Merger」でのJPEGへのマージができません。

    仕方ないので、ここは作成したGPXファイルをエディタで編集します。
    時刻はGMTで記述しなくてはいけないので、JPEGのExifの日時を
    下のサイトあたりを使って、GMTに変換してあげます。
    http://www.math.kobe-u.ac.jp/~kodama/tips-DateTime-transform.html

    まぁ、単純に9時間の引き算をしても良いんですけどね。(^^;
    そして、GPXに以下のようにTIMEタグを追加すればOKです。

    <wpt lat=”33.23696234780772″ lon=”131.6076385974884″>
    <time>2009-01-30T09:50:56Z</time>

    これで「Jpeg GPX Merger」を使ったマージはできるはずです。
    あとは活用方法ですが、iPhoto ’09を使うのが、一番気軽で楽しそうです。

    B001P7BJ7K iLife ’09
    アップルコンピュータ 2009-01-28

    by G-Tools

    ほかには、「Panoramio」というGPS画像共有サイトも面白いです。
    地図上にアップロードした画像が配置されますから、観光気分も
    味わえますしね。

    ちなみに、上の手順でジオタグを付けた画像をPanoramioにアップロード
    してみたので、良かったらそちらもご覧ください。
    http://www.panoramio.com/photo/18420983

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2009/02/01 10:54 pm | GoogleマップからGPXを取得 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.