• 166月

    DMC-G1の液晶画面はいつも裏返してあってLVFを使ってるわけですが、GF1も外付けのLVFで液晶は飾り状態になっています。
    スタイルとしてはこれがなかなか良い感じなんですが、G1のLVFを見慣れてしまうと、GF1のLVFは解像度がやはり厳しい部分が。

    その点を補うためと、やっぱり普段は液晶を隠しておきたいという銀塩時代を捨てきれない世代として、液晶フードを調べてみることにしました。
    先日、コメントにも書いたのですが、ハッセルのフードをPENシリーズに装着する製品がありますが、これはお値段がちょっと…。
    RB67のフードで自作するのも考えましたが、フードが多きすぎて、これも無理そうです。

    ということで市販品を探してみると、Delkinの液晶シェードがニーズに近そうです。
    ただ、カバーにはなるものの、ルーペがないのが…。
    ルーペとなると今度は大きなかぶせ式でちょっと大げさなんですよねぇ。
    妥協できそうだとすると、フジカラーの液晶モニターフードProレンズかなぁ。
    これなら、細かく確認したい時に使えるかも。

    でも、導入したいなぁと思えるほどのものはなかったですねぇ。
    ルーペだけなら専用品じゃなくても良いですし、シェードだけなら、うまく自作する方法も考えてみたいと思います。

    Filed under: DigitalPhoto
    2011/06/16 12:00 pm | GF1に液晶フード はコメントを受け付けていません

Comments are closed.