• 139月

    SONYの新しいデジカメ「DSC-WX1」が店頭に並んでいたので、早速、
    触ってきました。


    広角24mmの明るい「Gレンズ」搭載デジタルカメラ SONY Cyber-shot DSC-WX1 ブラック

    まず、第一印象は「デザインがサイバーショットっぽくない」です。
    私もそういう気はしましたが、特に紗羅はそう感じたようです。

    直線的なデザインで、確かになんとなく、NikonやFUJIFILMっぽい印象も
    あります。
    これが安っぽく感じる方もいらっしゃるようですが、個人的にはシンプルさの
    中に80年代あたりのSONYのテイストを感じました。

    この機種といえば、裏面照射の素子が話題なわけですが、店頭ではさすがに
    その実力を完全に試すことはできませんでした。

    ただ、液晶でみる限りでも、素性の良さは感じます。
    低感度でややざらつく印象もありますが、それはノイズリダクションが
    少なめということでもあり、写真の立体感を損なわずにすむのではないかと
    思われます。

    そして、もうひとつの目玉だと思われる「スイングショット」が非常に
    良くできていますね。
    撮影時、画面の指示にしたがって、スイングするだけでパノラマ写真が
    撮れるわけですが、スイングのスピードの自由度が高いのが、非常に良いです。

    ゆっくりスイングできるし、途中でスイング方向を変えたりしても、
    そこですぐにエラーが表示され、親切なUIです。
    もちろん、合成の精度も高いので、非常に実用になる機能です。
    24mm相当のワイドなレンズとあいまって、積極的に使いたいと感じる
    出来に仕上がっていました。

    その24mmレンズですが、これはこのカメラに限った話ではありませんが、
    ワイド端でのマクロだと、パースがきついのが、やや気になります。

    途中域でも最短撮影距離を短くしてほしいし、マクロ時のズーム位置を
    記憶、設定できると良いなぁと思います。

    裏面照射はまだ出たばかりですが、なかなか良くまとまっている機種だと
    感じました。

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2009/09/13 7:33 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • rUi Says:

    こんばんはー、MacBSさん。

    ソニーから魅力あるカメラが発売されましたねー。

    私はこの前、TX1を触ってきたのですが、
    「スイングパノラマ」がとても楽しく感じられて、
    危なく購入しそうになりました。(笑)

    風景、建物を撮るときなど
    「端から端まで写したい!!」と思うことが多々ありまして、
    そのようなときにいいなーと思いました。

    GR DIGITAL IIIも見て触ってきましたが、
    あらゆる意味ですごかったです。
    液晶は見やすくなってましたし、
    フォーカスも早く感じられました。
    値段が冷静さを取り戻してくれたんですけどね。f(=ω=、)ハハッ

  • MacBS Says:

    rUiさん、コメントありがとうございます。

    TX1も触ってきましたが、あちらも非常に良い感じですね。
    あの薄さで広大な画角を楽しめちゃうのは画期的かも。

    GR DIGITAL IIIはお値段が欠点ですねぇ。
    いつの間にか、先代のIIも値上がりした感じですし。

    E-P1で、レンズ遊びされるのもオススメですよ。