• 187月

    夕方、少し涼しくなってからお散歩がてら、ちょっと外出したのですが、夕焼けが結構キレイだったので、持っていたDP1でちょっとだけ写真を撮ってみました。

    素子の大きめなDP1ですが、高感度にはめっきり弱いんですよね。
    ISO AUTOでもISO200までしか自動では上がらないというのが、それを物語ってますよね。
    ただ、以前に比べれば現像ソフトのDPPSPPも進化していて、ノイズ軽減も賢くなったような気がします。
    なお、ISO200まではDPPSPPのノイズリダクション機能は無効になっていますが、RAW内のJPEGよりはノイズが減ってるように感じました。

    帰りついてもまだ夕暮れが残ってたので、Nikon D300も持ち出して屋上に登って撮り比べてみました。
    まずはDP1から。

    どんどん暮れていく感じだったので、慌ててISO AUTOだけで撮りましたが、さすがに1/6秒では手ぶれしてしまいますねぇ。
    しっかり固定して撮れば、もっとシャープだったんでしょうけどねぇ。

    そして次はNikon D300で。

    こちらはISO1600まで上がっていますし、さらに手ぶれ補正付きのレンズで撮りました。
    実用上は確かにこちらが良いのですが、やっぱり細部はザラザラした感じになっています。
    とはいえ、手ぶれしてしまったらDP1の解像感も台なしなわけで、ここは使い分けでしょうね。

    FOVEON機を一台のみで使おうという方はあまり多くないと思いますし、その点ではDPシリーズのほうがサブとして使えて良かったのかも。
    といいつつ、SAマウントのレンズを持ってるので、SDシリーズも気になってるところなんですけどね。

    Filed under: DigitalPhoto
    2011/07/18 9:00 am | DP1とD300で夕景比較 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.