• 064月

    Panasonicのマイクロフォーサーズ機、GFシリーズの後継機として、DMC-GF6の噂が流れ始めています。
    GF5の発売が2012年の4月、その前のGF3が2011年の6月、そしてGF2が2010年の12月でしたから、ペースとしては徐々に延びつつもそろそろなのは間違いなさそうです。
    GF1は2009年9月だったから、一概には言えないわけではありますが。

    そんなGF6、写真らしきものも出ていて、それを見るとGF3から始まったコンデジと見紛うばかりのコンパクトな方向ではなく、GF2くらいの大きさになってるような印象です。
    チルトっぽい液晶やモードダイヤルの搭載などで大きくなったのかなぁとも思いますが、GX1もあるのにちょっと中途半端な気も…。
    GX1との差別化はホットシューがないというところのようですが、大きくするならEVFが欲しいところなんですけどEVF搭載ではなさそうな噂です。

    さらに撮像素子は1600万画素クラスと、Panasonicのマイクロフォーサーズは全て同じくらいの画素数になるようです。
    素子サイズ的にというよりはPanasonicの撮像素子自体が伸び悩んでいるというところかなぁ。
    ここまではちょっと面白みに欠けるスペックですが、最近流行りのWi-Fiに加えてNFCも搭載とそちらはかなり強化されているようです。

    以前と比べるとオリンパスとの距離感も微妙になってきましたし、別の噂では大型素子を積んだ高級コンデジを出すかもしれないそうで、今後どういう路線でいくのかを見ていく上ではGF6の仕上がりが気になるところです。

    Filed under: DigitalPhoto
    2013/04/06 7:00 pm | DMC-GF6の噂 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.