• 2810月

    このところ、光学ファインダーにこだわった一眼レフが結構出て、
    視野率100%の機種が増えてきています。
    そして、同様に手ぶれ補正も非常に一般的なものになっています。

    そんな時に意外と良く目にするのが「手ぶれ補正があると、視野率
    100%は意味がないのでは?」という意見です。

    特に本体内手ぶれ補正だと、撮像素子が動くので、覗いているのと
    ずれるのでは?という印象があるのでしょう。

    でも、手ぶれ補正をするということは「撮り始めた時点での
    ファインダー視野をキープ」するように動かすわけですから、
    シャッターボタンを押した時点に見えてみた像が維持されます。

    つまり、視野率100%で見ていたファインダー像そのものが
    記録されるというわけですね。
    ですから、両者はしっかり共存できます。もちろん、光学手ぶれ補正も
    理論的には同様です。

    個人的には本体内手ぶれ補正、NikonやCanonにも採用してほしい
    ところですが、交換レンズによる利益が多いビジネスモデルからすると
    難しいのでしょうねぇ。

    ちなみに、現状で本体内手ぶれ補正と視野率100%を謳っている機種は
    オリンパスのE-3、SONYのα900、そしてPENTAXのK-7の3機種です。
    こうしてみると、どれもとてもこだわりのあるモデルで、どれも
    欲しい機種だなぁと思います。
    とりあえず、優先候補はE-300の後継として、E-3かなぁ。


    【送料無料!】《中古並品》OLYMPUS E-3

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2009/10/28 12:24 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    今晩は。

    手ぶれ補正についてはMacBSさんの仰る通りですね。ただ私はまだカメラを
    キチンと手持ちでホールドする自信がある(勿論場合によりけりですが)
    ので、常時手ぶれ補正を使うか否かについて未だに迷います。まあ足場が
    悪いとか風が強くて体が揺らぐなんて言う時は、素直に使えですね。

    K-7もだいぶ熟成度が上がって来たようですが、先日メールしたような
    事柄に使い込んでいるので、カメラの新規購入はしばらくない見込み
    です(^^)

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    手ぶれ補正があると、どうしてもラフに撮りがちになるのは確かですね。
    といいつつ、室内撮りでは常用しています。
    D300では1/30秒でも結構ぶれますが、α700なら1/8秒くらいまで
    平気なので、つい甘えてしまいます。

    K-7は魅力的な機種ですが、デジタルはあまり買い換えるべきでは
    ない部分もありますよね。
    逆に言えば、フィルムカメラやオールドレンズの値崩れの少なさは
    すごいなぁと思うことが多いです。