• 0211月

    マイクロフォーサーズの予想以上(失礼)のヒットで、俄然注目を
    集めているミラーレスのカメラですが、フォーサーズ以外の陣営も
    新たな機種を投入しようという噂がちらほら聞こえてきます。

    一眼レフのマウントから単純にミラーを取り除いても、一応は
    「ミラーレス」ですが、それではボディサイズも変わりませんし、
    フランジバックの縮小は必須といえるでしょう。

    また、新たなフォーマットとして制定するからには、最新の機能を
    網羅できる仕様にしたほうが望ましいです。
    具体的にはAF連動、絞り連動、それに伴う動画対応でしょう。
    単に連動するだけでなく、内蔵マイクでも動作音を拾わず、
    高速に駆動できるようにするのがベストですよね。

    もちろん、ボディもコンパクトにするわけですから、レンズも
    それなりにコンパクトなほうが望ましいでしょう。
    そうなると、撮像素子は大きくてもAPS-Cでしょうね。
    そういう意味ではベストとは言わないまでも、マイクロフォーサーズは
    よく考えられたフォーマットと言えるかも。

    マイクロフォーサーズというと、富士フイルムの参入も噂されています。
    元々、2003年からフォーサーズには企画賛同しているので、
    いつ参入しても何の問題もないわけです。
    個人的にはオリンパスと組んで、撮像素子を供給してほしいなぁ。

    あと、ミラーレスではゴミの問題がよりシビアになると予想されます。
    その点ではオリンパスのダストリダクションの性能はフルに
    活かされてるといえるのでしょう。

    今のところ、噂の範囲ではリコーがKマウントあたりをベースにした
    APS-Cフォーマットのものを出すという噂があるようです。
    GRのようなレンズ交換式でない機種でもゴミ問題が出ているので、
    そのあたりがちょっと気になるところではあります。

    リコーがほんとに出してきて、ヒットを飾れば、その他のメーカーも
    黙ってはいられなくなるでしょうね。
    SONYやNikonあたりは、すでに研究開発を進めてるかもしれませんね。
    Canonは個人的にレンズ交換式では出してこないんじゃないかなぁと
    思っていますが、はてどうなることやら!?

    Filed under: DigitalPhoto
    2009/11/02 10:35 pm | 5 Comments

5 Responses

WP_Lime_Slice
  • SKY ONE Says:

    RICOH XR DIGITAL APS-C コンパクトで決まりなんですかねぇ

  • SKY ONE Says:

    SONYは、 DSC-RX APS-Cらしいし
    OLYMPUSは、E-P1sとE-P2出ちゃいそうだしねぇ

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    RICOHとSONYはレンズ交換式じゃない可能性も高そうですね。
    確かに新しいマウントを作っても、レンズを充実させるのは
    かなりの労力が必要ですからねぇ。

    オリンパスは小幅なアップデートになるのでしょうか。
    フォーサーズのほうも、ぼちぼち新機種が欲しいところです。

  • matsumo Says:

    MacBSさん、こんにちわ

    私としては、CCDはAPS-Cサイズで、レンズ交換できなくていいですから、28~280mm相当のズームレンズを付けて、液晶ビューファインダーが付いたものを発売して欲しいです。これでしたら、背景のボケも楽しめるでしょうし。ただし、この手のもの、フィルムカメラ時代から、流行らなかったので、企画を通すのが困難だと思いますが。

    後、APS-Cサイズで、MかLマウントと言うのでしたら、膨大なレンズがありますので、それほど自社レンズを揃えなくてもいいような気がします。

  • MacBS Says:

    matsumoさん、コメントありがとうございます。

    高倍率ズームのAPS機、いわゆるブリッジ機に登場するかも。
    ただ、素子が大きいだけに、どうしてもボディは大きめになりそうな予感です。

    Mマウントは確かにミラーレスなんですが、電子制御が考慮されていないので、
    一般向けにはちょっと厳しいかと。
    マウントアダプタ経由で使えたらOKかなぁと思います。