• 222月

    オリンパスの新しいコンパクト「μ5010」が店頭に並んでいたので、
    ちらっと触ってきました。

    以前は店頭でのファーストインプレッションを良くエントリーしてたんですが、
    最近はガラス棚に格納されているモデルが増えたんですよねぇ。
    おそらく展示機を貸してもらえなかったり、展示による償却をお店側で
    被るのがつらいのもあるのでしょうね。

    そんな中、μ5010は触れるように展示してあって、やる気が感じられます。
    SDカード採用モデルということで、他社との競争もしやすくなったのかも。

    まず第一印象は「薄い!」という点です。
    最近は薄い機種が多いですが、これは26mmからの5倍ズームですから、
    それを考えると、かなり薄さを感じます。
    レンズを出してみると、このボディによく収まるなぁという印象です。

    そのための工夫もかなり施されていて、レンズ全長を短くできる高屈折率の
    SHRレンズを採用したり、収差補正に非球面を採用したりと、かなり凝った
    レンズになっているようです。

    電源オンから撮影可能になるまでのタイムラグも短めですし、レンズの駆動も
    静かで素早く、また高倍率にありがちな望遠時の重量バランスも良いです。
    レンズの枚数が意外と少なめなのが効いているのかも。

    操作性では、背面のカーソルがこれまでのオリンパスとだいぶ変わっています。
    他社もそうですが、これまでは上下左右にストロボ非発光やマクロモードなど、
    機能を割り当ててあることが多いのですが、これはそれがありません。

    カーソルをどちら向きに押しても液晶の右端にサイドメニューっぽいものが
    表示され、ここで設定します。
    カーソルはホイールすることもできますし、Canonに似たI/Fですね。
    わかりやすさはこのほうが良いのですが、メニューのアニメーションが
    ちょっとくどいですし、カーソル一発よりオペレーションの手数が多いのは
    否めませんねぇ。
    もしかしたら設定である程度変更可能かもしれませんが。

    あとは4種類のマジックフィルターも楽しそうです。
    こうした機能も含め、キー操作やカスタムキーに割り当てが自由にできると
    便利かもしれませんね。
    ここも本体をちらっと触っただけなので、もしかするとある程度可能かも
    しれません。

    ちょっと触ってみたという感じではありましたが、基本的にはかなり
    意欲的な機種のような印象でした。
    SDカードプレゼントも実施されていますし、これまでxDだからという理由で
    選択肢に入れてこなかった方も、まずはお店で触ってみる価値はある
    モデルではないかと思います。

    Filed under: DigitalPhoto
    2010/02/22 8:35 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • cardamom Says:

    連投ですいません。

    実は、これ注目してました。

    10倍ズーム機が注目を集めていますが、どうも描写が甘いような気がしています。
    しかし、4倍ズームのペンタのP80などはそういうこともないようです。
    高倍率はやはり甘くなってしまうのかなあ・・・と思っていました。
    でも、オリンパスというメーカーには興味があるけど、メインはμ9000の10倍ズームだし・・・と思っていたらこれが出てきました。
    レンズの倍率からしてもペンタのH90なんかと同じのようですね。

    これくらいがちょうどいいのかなあ・・・と思ってます。
    これとペンタのH90とどうキャラクターが違うか興味深いです。

  • MacBS Says:

    cardamomさん、コメントありがとうございます。

    私はμ1060を使っていますが、7倍ズームということで
    やはりちょっと描写が甘い印象です。
    画素数が多くなったから、という面もあるのかもしれませんが、
    μ720SWあたりのほうが惹かれる描写が多い印象です。

    触ってみた感じとしてはわりと好印象でしたが、1400万画素という
    画素数の多さがちょっと気になるところです。
    あと、これは各社に言えることなのですが、液晶部分の保護が弱いんですよね。
    保護フィルムで厚みがあるタイプのものが出たら良いのになぁと思います。