• 211月

    先日ゲットしたFinePix F100fdが以前から狙っていた通りになかなか良い感じなので、調子にのってGRD3と撮り比べてみました。
    時期的にはFinePix F100fdが2008年春、GRD3が2009年夏、しかもF100fdは5倍ズームということで、さすがに厳しい勝負かと思いましたが、これも意外に健闘してくれています。

    何はともあれ、写真を見てもらったほうが早いでしょう。
    まずはF100fdから。

    あえて激しい逆光で撮りましたが、多少のフレアは出ているものの、白飛びも黒つぶれも少なく、ダイナミックレンジの広さを感じます。
    RAWはないですし、こちらは全くの撮って出しです。

    続いて、GRD3を。

    逆光にはかなり強いGRレンズですが、かなり大きめのフレアが入りました。
    多少のアングル違いもありますから、運が悪かった面もあるでしょうが、RAWでちょっと補正を掛けてもF100fdよりは飛び気味なのを解決はできませんでした。

    F100fdが逆光でかなり強力なアンダーになる傾向のおかげというのもあるでしょうが、それも含めて個人的には好きな描写だし、発色もフジらしいまとめ方だなぁと感じます。
    周辺部の描写となると、さすがに流れ気味ではありますが、F100fdのほうはむしろテレ側の描写が良いという評判もあるようで、5倍ズームにしてはなかなかでしょう。

    こうなってくると気になるのは個人的に一押しなF60fdとの描写の違いがどんな具合か、ですね。
    GRD3を差し置いて、というのはちょっと無謀な気もしますが、F60fdとF100fdの比較も近いうちにやってみようかな。
    ただ、バッテリーを2つ持っていたはずなんですが、1つが見当たらないので、まずはこれを探さないといけませんね。

    関連エントリー:

    Filed under: DailyPhoto
    2012/01/21 9:00 am | FinePix F100fdとGRD3の撮り比べ はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.