• 0811月

    このところの多画素デジカメの乱立の中、アンチテーゼのような
    タイトルですが、「デジカメに1000万画素はいらない」という新書が
    出ているようで。

    4062879638 デジカメに1000万画素はいらない (講談社現代新書 1963)
    たくき よしみつ
    講談社 2008-10-17

    by G-Tools

    タイトルほど強烈な批判ではなく、デジカメならではの良さや
    面白さを簡単に解説してくれている本みたいではあります。

    ただ、ベイヤー配列を解決せずに、どんどん画素数ばかり増やす
    というのは、「素人騙し」みたいなところは、確かにありますよねぇ。

    そういう意味では、真面目に取り組んでいるのは、シグマのDP1
    だとも言えますね。


    【中古デジカメ】 SIGMA DP1税込/送料無料

    ただ、お世辞にも誰にでも使いやすいカメラとは言えないのが、
    この世界の難しいところなのですが。

    もう少し現実的な取り組みをしているのはCASIOのEX- F1かも。


    カシオ EXILIM PRO EX-F1

    まぁ、こちらもなんとなく将来的には高画素化が進んでいきそうですが。
    いずれにせよ、デジタルならではの本質的な良さを活かすものを
    チョイスするよう、心がける必要があるなぁと実感しました。

    そうしたこともひっくるめて、デジカメ選びの参考になる一冊かと
    思います。

    Filed under: Book
    2008/11/08 7:58 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • SKY ONE Says:

    そもそも、DP1は誰にでも使いやすいカメラなんて目指してなかったし(笑)

    1000万画素以上あっても、最終的にはBlogの写真では
    オーバースペックですからねぇ

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    DP1は最も尖ったコンパクトカメラですものね。
    ただ、FOVEONの概念は非常に素晴らしいものだし、
    他メーカーもこれに近づく努力はしてほしいと
    思ったりしています。

    Blogだと、200万画素もあれば十分ですし、
    L判でも500万画素もあればオーバースペックですね。
    とはいえ、売れるのはやっぱり高画素モデルですからねぇ。

    特に日本ではその傾向が強いみたいで、
    昔のスピーカーの耐入力とかアンプの出力争いのようで、
    ちょっと空しいものがあります。