• 169月

    ブログに、はてなアンテナやRSS更新情報などを追加したのですが、
    とりわけ、はてなアンテナのRSS取得が結構遅いようなので、キャッシュを
    取ってみることにしました。

    やり方としては、自前でファイルに保存しておくこともできるのですが、
    ここは便利なライブラリに頼るのが賢明でしょう。
    Cache_Lite」という、なかなか素晴らしいものがありました。

    実際の使い方は、以下のページ様を参考にさせていただきました。
    http://blogs.yahoo.co.jp/nob_ll/45478859.html

    ほとんど、この情報だけであっさり実現してしまいましたが、一点、
    注意するとすれば、キャッシュを格納するフォルダのパーミッションと
    相対パス指定のほうが楽なことくらいかな。
    また、最後にスラッシュを付けておいたほうが良さそうです。

    ローディングスピードの分析には、FireFoxのアドインを使いました。
    「Firebug」と「YSlow」で、これがまた素晴らしく高機能です。

    ちょっと使い方には慣れが必要ですが、YSlowのComponentsメニューの
    Response Timeを見ていくと、サイトのローディングのどこあたりが
    遅いのかが一目瞭然です。

    キャッシュ前のindex.phpのロードには2300~2500msもかかっていました。
    これがキャッシュを導入した後は700msに縮まっています。
    phpなしで500ms程度ですから、これだけ速ければ言うことなしかな。

    ほかにも、Retweetがらみの処理が遅いなぁとか、popinも結構かかってる
    といった具合に、かなり詳細にわかるので、これを参考にスピードアップを
    していこうかと思います。

    最近はあまり自前でガリガリとhtmlを記述する方は少ないとは思いますが、
    ブログパーツのチューニングなどにも使える方法だと思うので、参考に
    なれば幸いかと。

    Webアプリケーション・サーバー 設計・構築ノウハウ Webアプリケーション・サーバー 設計・構築ノウハウ

    by G-Tools

    Filed under: Blog
    2009/09/16 8:24 pm | PHPでキャッシュ はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.