• 122月

    WEISSからDSD対応のUSB-DDC「INT204」が出ているようで。

    hiFaceなど一時は結構盛り上がったUSB-DDCなんですが、このところDSDが流行ってきたこともあり、最近はやや下火なんですよね。
    DDC機能も含むUSB-DACのラインナップが充実したというのもあるのでしょうが、DDCはUSB入力で光や同軸デジタル出力という形式ですからPCMしか伝送できないから、というのがあってDSDにしっかり対応できないから、というのが大きいかと思います。

    そんな中、今回のWEISSの製品は同社初のUSB対応DDCということになります。
    これまではFireWireを使っていたんですよね。
    DSDにはDoPで対応していますが、当然ながら出力は光・同軸・XLRでやはりDSDを出すことはできていません。
    つまりパソコンからはDSDネイティブで受けてINT204内でPCM変換されるということになります。
    実際の出力は16/24bitのいずれかで88.2kHzもしくは176.4kHzを選択して出力可能だそうです。

    それじゃパソコン内でPCM変換するのとなんら変わらない、と思われがちですけど、そこはWEISSならではの技術も活かされているようです。
    実はWEISSはハードウェアだけでなくソフトウェアも有名で、Saraconというメジャーなサンプリングレートコンバーターも輩出しています。
    この技術を活かしたPCM変換がハードウェアで実施されると考えれば、手持ちのDACを活かす意味ではメリットも大きいのではないかと。

    ただお値段はWEISSだけにちょっと高価で、20万円ほどのようです。
    そもそも売っているお店が少ないというのもやや難点ですね。
    DSD音源もまだまだメジャーなものは少ないですが、将来的にはDDCからもDACにDSDが直接送り込める規格をしっかり定めてもらいたいところです。
    #HDMIで出来るらしいから、それがいちばん良いと思うんですけどねぇ。

    Filed under: Audio
    2014/02/12 12:00 pm | WEISS INT204 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.