• 082月

    アンプを調べていて、SAYAというメーカーからデジタルアンプ「SP192DT」というのが出ているのを見つけました。

    このメーカー、以前もDACで見かけていて、なかなかおもしろい会社だなぁと思ってたんですよね。
    元々は計測機器などを手がけている会社らしく、千葉県にある日本のメーカーです。
    昔からのオーディオメーカーも撤退したりなくなったりする中、新たに参入してくるというだけでもすごいことで、できることなら応援したくなります。

    それはさておき、このアンプ、最近の潮流を捉えたデジタルアンプになっていて、45W+45W/8Ωでありながら消費電力はたったの6Wという省エネぶりです。
    どういった素子を使っているのかは不明ですが、左右独立でBTLなアンプになってるっぽいですね。
    電源には良くある中華アンプのようにACアダプタを使う合理的な設計のように見えますが、内部に自前のDC-DCコンバータを持ってACアダプタの質に依存しない工夫をしてるとのことです。
    なお、ACアダプタは24V1.5Aのものが付属しているようです。

    同社にはMOS-FETを使った上位モデルもあるようで、こちらにも興味があるところです。
    船橋の自社には試聴室があるようですが、なかなか行けないですからねぇ。
    ノジマで取り扱いがあるようですし、ここだけでなく一度ノジマには行ってみたいなぁと思いますが、機会があるかな?

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2013/02/08 12:00 pm | SAYA SP192DT はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.