• 029月

    RATOCからUSB-DACのカスタムモデル「RP-24192UT1-SG」を同社楽天ショップの専売商品として発売したそうで。

    「RAL-24192UT1」をベースに、外観に木製パーツを使ったり、ファームウェアを変更したモデルのようです。
    木製パーツはサイドパネルとボリュームノブに使われていて、クールで質実剛健な通常モデルよりぐっと高級感がありますね。
    山本音響工芸の機種になんとなく似ているので、同社との共同部分があるのかなぁ。
    Webサイトにはそういった記載は一切ないようですが。
    なお、ブラックウッドを使った機種(BK)とサクラ材を使ったSGがあるそうです。

    あと、ファームウェアについては最近のRATOCの機種のようにドライバが不要な内容になってるとのこと。
    ドライバのインストール自体は個人的にはあまり気にならないのですが、サポートの手間も減るでしょうし、メーカーもユーザーにとっても良い部分があるのでしょう。

    また、ACアダプタも付属しているそうです。
    本体自体はUSBバスパワーでも動作可能だそうですが、安定性の点では外部パワーのほうが良いですしね。
    あとは光や同軸のデジタル入力があったらなぁ。
    同軸デジタル出力はあるのですが、そこだけがちょっと残念ですが、その辺りは別のモデルのカスタムモデルに期待というところでしょう。
    なお、同時に24bit/96kHz対応の「RAL-2496HA1S」も出ていて、こっちもACアダプタ付属、ボリューム変更がされています。

    Filed under: Audio
    2012/09/02 12:00 pm | RATOC RP-24192UT1-SG はコメントを受け付けていません

Comments are closed.