• 309月

    PS AudioからA級フルディスクリートのフォノアンプ「Stellar Phono」が10月中旬発売予定だそうで。

    海外で2499ドル、国内価格は33万円(税別)ですから、そこそこ順当な価格設定かなと。
    PS Audioというとデジタル系の印象が若干強めに感じるんですが、今回のフォノアンプは純粋にアナログ路線です。
    イコライジングカーブもRIAAのみで、負荷容量も100pF固定ですが、MC/MMは個別の回路としているようです。
    ディスクリート過ぎてMMとMCは入力端子から別々ですので、頻繁にMCとMMを使い分ける方はちょっと注意が必要かもしれません。

    また、出力がなぜか20Vrmsとバカ高なのが「なぜにそこまで?」という気も。
    昔のフォノイコライザだと500mVくらいのものもありましたが、さすがにそれだと今は使いにくいとしてCD初期に多い2Vrms、せいぜい最近のDACの数Vrmsくらいじゃないと、プリアンプによってはボリュームが上げられくてギャングエラーが出やすくなるんじゃないかと心配になります。
    このフォノアンプ側にボリュームがあるわけでもないですし。
    ゲインはMMが44/50/56dB、MCが60/66/72dBで切り替え可能ですから、こっちで低めのゲインを選ぶという手はあるでしょうし、そこまでのパワーがあるアンプ部ですよ、という意味合いかなぁ。
    なお入力はアンバランス、出力側はアンバランスとXLR出力が用意されています。

    MC側は負荷抵抗を60Ω/100Ω/200Ω/47kΩでプリセットで選べますし、背面の可変抵抗器で1ohm-1,000ohmの範囲で自由に選べる仕組みもあって、かなり細かく調整できそうです。
    筐体もそうですが、おそらく回路も物量投入系のようですから、最新のフォノイコライザとしては特にMCで使う上で、なかなか注目な一台にはなってきそうです。

    Filed under: Audio
    2019/09/30 12:00 pm | PS Audio Stellar Phono はコメントを受け付けていません

Comments are closed.