• 075月

    OlasonicのUSB-DACヘッドフォンアンプ「NANO-D1」が5/9から価格改定されて、7万円から5万円に値下げされるそうで。

    徐々に実売価格が下がるというのはよくありがちですけど、こうやって明示的にメーカー希望小売価格が改定されるというのはちょっと珍しいかも。
    そういうところもなんとなくOlasonicさんらしい気もします。
    値下げ理由は「活気あるヘッドフォン市場とスマートフォンなどのモバイル機器市場に対して再導入するため」とのこと。
    どちらかと言うと据置型DACあるいはその後に出たNANO-A1と組み合わせてプリアンプ的な使い方というイメージがありましたが、そこをもっと気軽にヘッドフォンアンプとしても検討してほしいということでしょう。

    以前お借りした際にもヘッドフォンアンプとしてのレビューを書きましたが、ゲイン切り替えもあって幅広いインピーダンスに対応する現代的で強力なヘッドフォンアンプを搭載しています。
    現代的かつモニター志向で、特性的にも非常に優秀ですし、将来的な拡張性もそれこそNANO-A1やNANO-NP1がありますから、「最初の一歩」としてのPCオーディオ機器としてもオススメです。

    また、拡張対象としても挙げたNANO-NP1の登場も値下げの一因と言えるかもしれません。
    NANO-NP1はデジタル出力のみで、シンプルにネットワークプレーヤーに特化した製品ですし、ここに最高の相性なのがNANO-D1なのは間違いないでしょうからね。
    NANO-NP1も45,000円と安めの価格設定ですし、セットで導入するのも良いかと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2014/05/07 7:30 pm | Olasonic NANO-D1、値下げ はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.