• 0511月

    oBravoのイヤホン「Cupid」というのが気になったのでご紹介してみようかと。

    同社ではイヤホンと呼ばずにイヤースピーカーと呼んでいて、平面振動板を使ってあるのが特徴的です。
    平面振動板のヘッドホンは以前からちょっと気になっているんですが、そんなにヘッドホンばかりあっても…ということでちょっと控えているところがあります。
    イヤホンも負けず劣らずたくさん持っていますけど、まぁ小さいですからね。

    そんな私の事情はともかくとして、かなりハイエンドなoBravoから2万円を切るモデルとして登場したのが、このCupidです。
    上位モデルはハイルドライバーを使ってあったりしますが、プラナー・マグネティックも単体ではなくツィーターとして使用し、ウーファーには6mmのダイナミックユニットを使うという構成です。
    形もいわゆるSHUREっぽい耳掛けがしやすいものになっていますし、リケーブルも可能です。

    リケーブルについてはMMCXではあるものの、切り欠きを付けてあるらしく、サードパーティのものは使えないみたいです。
    他社ケーブルを使えなくする、という部分も多少はあるでしょうけれど、MMCXがクルクル回ってしまうのを避けたかったのでしょうね。

    ベーシックモデルは3.5mmのシンプルなケーブルですが、プレミアムモデルは金メッキOCCの2.5mmケーブルが付属します。
    さらにここから3.5mmへの変換アダプタも付いていますけど、お値段は35,000円になってしまいます。
    他社ケーブルは使えないわけですし、あとでケーブルのみアップグレードする道があると嬉しいかな。
    さらにアルティメイト・モデルは4.4mmへの変換アダプタも付属しますが、さらにお値段は39,800円となります。

    同社のイヤホンは「試聴機レンタルプログラム」も用意されていて、機種によっては身分証明書の提示が必要だったりしますし、一旦はクレジット決済が必要なものの、あとで振込で返金される仕組みで、良心的で良いなと思います。
    ここも残念ながら現状はCupidがまだレンタル対象に入っていないのですが、入ったら試聴してみたいような気もしているところです。

    Filed under: Audio
    2019/11/05 12:00 pm | No Comments

Leave a Comment

Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.