• 275月

    NuForceからデジタルパワーアンプ「STA-100」(リンク先はPDF)が6/21に発売されるようで。

    これまでも同社製品ではDDA-100などが人気だったんですが、今回のはヘッドフォンアンプ兼プリアンプの「HAP-100」と組み合わせるセパレートアンプという位置づけです。
    NANOCOMPOもそうですが、従来のオーディオスタイルにとらわれないコンパクトな製品がだんだん増えてきましたね。
    D級アンプだからこそできるサイズというのもありますが、これから夏にかけては発熱が少ないのも大きなメリットですし。
    とはいえ、アイドル時こそ12.5Wと小さめながら定格出力時は437Wと結構ビックリな消費電力なので、そこそこ発熱しそうではありますが。

    また、どうしても最近の製品はあれもできる、これもできます、という具合にてんこ盛りになりがちな傾向がありますけど、機能がごくシンプルにRCA入力とスピーカー端子のみというのも良い感じです。
    さらに、コンパクトながら電源が内蔵でコネクタ類もフルサイズのものがしっかり付いてるのも良いですね。
    純正の組み合わせも良いですが、これにQUADのプリアンプとかを組み合わせてみても面白そうです。

    Filed under: Audio
    2013/05/27 7:00 pm | NuForce STA-100 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.