• 141月

    PCオーディオ系のムック「Net Audio」の最新刊、vol.09が1/19に発売だそうで。

    だいぶ前から発売時期はわかっていたんですが、いまだに詳細がわからないんですよねぇ。
    Webで調べた感じだと特集は「スマートフォンで実現できる快適音楽リスニング」のようです。
    AirPlayやBluetooth、さらにはアプリによるFLACなどの再生あたりを扱うのかな?
    私も寝室ではAirMac ExpressでAirPlayを愛用していますが、これはほんとに快適です。
    音質面でもハイレゾ対応を別にすれば、十分満足できるものですし。

    なお、Bluetoothのほうは基本的には非可逆圧縮が掛かった状態で転送されますし、音質的には多少の不満もあります。
    Macからですと、以前も記事に書いたことがありますがBitpool値を調整することで音質調整することも可能ですけど、スマートフォンではそうもいきませんしねぇ。

    また、自宅用でBluetooth対応のスマートフォンやプレーヤーから家庭内のオーディオ機器に送るには、据え置き型のBluetooth機器があると便利かと。
    あまり数は出ていませんが、ONKYOのWR-BT1やharman/kardonのBTA-10あたりが良さそうな感じです。

    ムックのほうに話をもどしますと、いつものように超高音質DVD-ROMも付いてくるようです。
    収録曲もまだ詳細は不明ですが、亀吉レコードさんの記事が掲載されてるそうで、関連の音源が収録されているかも。
    誌面でも取り上げられていて、e-onkyo musicで扱っている後藤輝夫&佐津間純さん、河崎純さん、藤島晃一さんなどの紹介があるとのこと。

    (1/15 18:40追記)
    表紙が公開されて、「向井滋春トリオ」のライブ録音が収録されるとのこと。
    亀吉レコードさんは0円ダウンロードでの対応となるそうです。

    ちなみに前号に収録されているらしい、橋本秀幸さんの楽曲はAstell&Kern AK100のサンプル音源ということで、ムックとは関係なく無料でダウンロード可能のようなので、ハイレゾ音源を試したい方にはオススメです。

    Filed under: Audio
    2013/01/14 7:00 pm | Net Audio vol.09 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.