• 262月

    DAPの台数が増えてしまっているのと、昔から使っている東芝のが書き込みが遅く感じたので、Sandiskの128GBのを買い足してみました。

    Bさんのブログ記事で「現時点での価格容量比は200GBが最も優れて」いるのは承知していましたが、うちのような、ちょっと古いDAPでは最大容量を128GBとしている(実際は使える可能性が高いですが)ものも多いので、あえての128GBで。

    それよりニセモノが多いのも気になりましたが、今ニセモノを作るなら200GBのほうかな?とも思いましたし、過去の購入して問題なかったお店にしておきました。(Amazonでもマケプレの店によっては怪しいところもあるのでご注意を。)
    届いたらまずは速度検証を。

    数回計測しましたが、読み込みが90MB/s前後、書き込みが60MB/s弱くらいなのでちゃんと速度は出ていると思われます。
    参考に東芝の古いClass 10も測っておきました。

    読み込みの40MB/sはまぁ良いとして、書き込みの13MB/sはやっぱり時代を感じる速度ですね。
    ただ、この速度だとしてもDAPでちょっと遅すぎる感はあるので、DAP側の対応の関係でむりやりFAT32でフォーマットして使っていたせいもあるかも。
    今度、MacじゃなくWindowsでフォーマットしてみようかなと思っています。

    Filed under: Audio
    2019/02/26 12:00 pm | DAP用にmicroSDXC、追加 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.